31idream130430
隔月刊誌『MELODY(メロディ)』新連載、「31(サーティーワン)☆アイドリーム」の第1話
来たよ来たよー、またしても種村有菜っちの新連載が! 何度も書くけど私はジャンヌの最終回を読んでマジ泣きした経験を持つほどこの人の作品が好きなんよ。そのためなら少女誌だろうが女性誌だろうが平気で買うよ、買うともさ!
今回は初登場となる白泉社の『MELODY』という雑誌。「大奥」を連載してる雑誌と言えばわかりやすいでしょう。少女誌というよりはちょっと年齢の高い女性向け雑誌ですね。男性誌に例えるなら…『ビッグコミック』あたりでしょうか。

そんな雑誌なことからいつもの少女向けの内容とは異なり、31歳 アラサーが主人公となりました。いったいどんな展開になるのやら。ちなみにこの1話は本誌と同じサイズの別冊ふろくとなってます。切り抜く手間が省けていいや。
-------------------------------------------------------------------
人生のモテ期だったのは15歳のとき。優等生で通っていて卒業式にはたくさんの男子に告白されたっけ…と思い出すのは出口千影。現在は31歳、雑誌の編集をやってます。平穏無事なのはいいけれど、彼氏なし・趣味なし・特技なしと、あまりに平凡すぎる人生を歩んできました。
けれど今日は違う。中学時代の同窓会があり、そこには好きだったハルくんも来てくれるハズ。告白されながら返事をしなかったけど、今日は私から告げようと決めています。
31idream130430-
ところが当時の友達だった由美子に近況を話したのが運の尽き。いまだに処女なことを全員の前でバラされてしまいました。ハルくんに笑われ大ショック、そのまま逃げるように帰ってしまう千影です。
悪いことは続くもの。翌日の会社では自分のことを"喪女"と陰口を叩かれていることを知ったばかりか、ハルくんと由美子が仲良く歩いてるのを目撃してしまう。何でも同窓会で意気投合して付き合うようになったとか。
二重三重の不幸に襲われ人生に悲観した千影の取った行動は…
31idream130430-1
ちょwww いきなりソレかよ。まぁそれだけハルくんのことを想い続けてたんですね。川へ入水自殺しようとしていたところを止めたのは、昨日の同窓会で真っ先に話かけてくれた都北くんでした。
  31歳処女の気持ちがあなたにわかる!?
と、ヤケ気味に話されたところで都北くんに返す言葉など持ち合わせていません。ですが「15歳に戻りたい 戻れたらもう一度人生やり直して 喪女返上できるのに…」との叫びには返事をします。「15歳に戻ってみる…?」と。

都北くんは製薬会社に勤めており、若返りの新薬が開発されたという。しかし国から研究をやめるよう告げられたのでそれっきり。副作用の範囲もわからないけど15歳前後は若返るハズとのこと。その薬の名前こそタイトルにある「アイドリーム」。英語表記だと"EYE DREAM"ではなく"I DREAM"、私の夢って意味じゃないですかね。
どうせ一度は捨てた命、副作用があっても構わないと飲んでみる千影です。
31idream130430-2
結果、見事に若返った千影です! コナンとか漫画ゴラクの「69デナシ」とか言うなぁ!
薬の効果は5~6時間、一日1回だけ使用。今後どんな副作用があるかもしれないので週1で都北くんのとこに行くことを取り決めました。笑顔で帰っていく千影を見て当時のことを思い出す都北くん。告白はしなかったけど人気ものだった千影のことをやはり好きだったようです。
31idream130430-3
振り返る懐かしき日々。今は恋人がいるけれど、もしこのまま出口さんが来てくれるのなら…心揺れる都北くん。千影がどうやって人生をやり直すかはもちろんのこと、都北くんの今後の気持ちも気になります。 つづく
スポンサーサイト