keijo130724.jpg
『週刊少年サンデー』連載、「競女!!!!!!!!」のHip1
心振るわせる新連載キタ━━(゚∀゚)━━ !! おっぱいを揉むことで魔を祓う「揉み払い師」を連載していた空詠大智さんの新作はお尻がテーマ? タイトルに「!」が8つも付く「競女!!!!!!!!」が鮮烈スタートとなりました。

神無のぞみは体操競技が得意の高校三年生。その能力の高さから先生は体育大学への進学を薦めるも、当の本人はその気は全く無し。だって体操って
keijo130724-1.jpg
稼げそうにない…やん  現実を直視している のぞみは体操を続けたところでお金を稼ぐには至らないことを熱弁。仮にオリンピックで金メダルを取ったとしても報奨金が300万では安すぎる。そもそも大ケガをすればそれで終わりなわけだし、しっかりと稼げる仕事に就きたいと。ではその稼げる仕事は何かと訊いたら「競女の選手」ときたもんだ。

話には聞くけど実際のところ競女の詳細をよく知らない のぞみは先生の引率のもと、幼なじみの太一と共に競女場へ出向きます。場内は競馬場・競艇場の雰囲気そのまんま。競技場が水上だから競艇場そっくりと言っておきましょう。
keijo130724-2.jpg
これが競女だ! まぁなんだ、バラエティ番組でよくあるアレだね。円形のステージ「ランド」に6人が乗って手足を使わず胸かお尻で相手を突き落とし、最後まで残った者が勝ちという競技です。ばかばかしくも真面目に競技として漫画にした作者、ハッキリ言って嫌いじゃないぜ!

競艇のことを"水上の格闘技"と言ったりするけれど、競女こそ本当の"水上の格闘技"。現実を見て厳しさを知るわけですが、実際に体験ができるということで太一と共に挑戦してみます。
実は太一は のぞみが競女選手になることを快く思ってません。なぜなら大きくて力のある選手が有利に決まってるからです。それを示さんと力を込めて のぞみに突っ込んでいくのですが…
keijo130724-3.jpg
寸前でかわし太一は水中へ。のぞみの考えは太一と正反対でした。狭くてバランスの悪いランドの上では大きくて力のある選手よりも、体操競技で慣らした私こそ能力を活かせられると!
[新連載「競女!!!!!!!!」 お尻を使ったギャンブルスポーツ、それが競女だ!]の続きを読む
スポンサーサイト