cater130822.jpg
『ヤングガンガン』に連載していた「キャタピラー」の最終3巻です。
今年の4月22日、「キャタピラー」を作画していた匣咲いすか氏の突然の訃報には驚きました。去年の3月から連載が始まってほぼ一年。コミックスがまだ2巻しか出てない(当時)こともあるけれど、27歳の若さで亡くなるとは残念でなりません…
この3巻は掲載した最後の24話まではもちろんのこと、デビュー作も併せて収録してます。表紙は21話のカラーのトビラ絵のものが使われました。

あえて乗り込んだ豪華客船のほぼ全員が敵! そんな四面楚歌の状況で、イモムシと華カマキリはどう戦う!? こんな状況で戦いは既に始まってます。イモムシと戦っているのはリオック。「モンキーピープル」の殺人コオロギのモデルとなった巨大コオロギがリオックなんです。
そういやこの漫画も「テラフォーマーズ」と同様に、元となった虫の解説があったよなぁ。クロカタゾウムシなんてモロ被りでした。ま、特徴ある昆虫だからこそ多くの作品に使われるのでしょうけどね。

一方、我らのアイドル・華カマキリちゃんの相手はムラサキシャチホコ。互いに擬態を得意にするだけに逃げられたばかりか、華カマキリちゃん自身に擬態してイモムシの前に現れた! いったいどちらが本物なんだ!? そこで華カマキリちゃんはとんでもない行動に!
cater130822-1.jpg
うわ~~~~~~~~嘘だぁ~~~~~~~~
華カマキリちゃんが●だったなんて俺は信じないぞぉ~
絶対だ! 絶対俺は信じないからなぁ~~~~!

はぁ、気を取り直してイモムシの次なる相手はサソリ。サソリなだけに毒(麻酔)を注入されて昏倒してしまうイモムシです。運ばれた手術台にてお楽しみタイムが発生!
cater130822-2.jpg
イモムシは口は悪いけど美人でプロポーションがいいから眼福ですね。ってか、イモムシに毒が効かないのは最初の方で報告済み。だから最初から起きているけど読者サービスのためにあえて昏倒してるフリをしているわけで。
なんて読者思いなイモムシなんだろうな!

そして最後にクロカタゾウムシとナナフシが登場して無念の絶筆。特にナナフシはポニーテール美少女なだけに能力が語られないまま終るのは残念です。
けれど後記にて新たに作画を担当する先生を擁立して連載再開を決定との報告が。いつになるのかわかりませんがその日を楽しみにしてます。
そして匣咲いすか先生、短かかったけど楽しい作品をありがとうございました。
キャタピラー (3) (ヤングガンガンコミックス)
村田 真哉 匣咲 いすか
スクウェア・エニックス (2013-08-22)
スポンサーサイト