uq130828.jpg
『週刊少年マガジン』新連載、「UQ HOLDER!」の第1話
赤松健先生 待望の帰還! 「ラブひな」当時は今は無いセガBBSで語ってた、「ネギま!」は当ブログでレビューし続けた、ならば今回もレビューするに決まってるじゃないですか。めだか終了以来、当ブログの"柱"たる存在が無かったのですがようやく現れた気がします。ともかく赤松先生の「ネギま!」終了以来、一年半ぶりの新連載がスタート!

巻頭カラーで語り部となってるのはエヴァ。いきなり「ネギま!」のキャラクターの登場で、同じ世界感の作品だとわかります。七百年生きているとの発言から「ネギま!」の時代から100年過ぎている模様。トビラ絵の登場人物はやがて主人公の敵なり味方なりに関わってくるに違いありません。剣を持ってる人は神鳴流の剣士なのかなと思ったりしてね。

田舎の少年・近衛刀太とその仲間たちは美人の雪姫先生に戦いを挑む日々が続いていた。倒せば上京の許可が得られるからだ。けれどいつも返り討ち…
uq130828-1.jpg
雪姫先生は魔法の障壁を使っていることから魔法使いらしい。橘先生との会話にて現在が"魔法が世に知られて10年"とのことだけど、これだと100年後の世界じゃおかしいことに。ネギが魔法が実在すると発表したのは学園卒業後9年後のハズ(つまり2015年ごろ)。それから10年後だと2025年ごろの話になるのですけど?
uq130828-2.jpg
更にややこしいのが家系の流れ。ネギが「じいちゃん」ってことは刀太はネギの孫が確定。更に「近衛」となると木乃香の血も引いている? ともあれネギを「じいちゃん」と呼ぶ限りはやっぱ100年ぐらい過ぎてるのかな??
ちなみにネギま38巻352時間目にネギの墓が出てきますがコレと全く同じもの。死去したのは2065年7月12日です。

このあと刀太と雪姫先生の関係が語られます。両親が亡くなったのは交通事故とのことですが実際は魔法世界での争いだったと判明。雪姫先生は刀太を遺児として受け取ることに。しかし…
この間は割愛していきなりバトルへ。雪姫先生は6億円の賞金首だった! 橘先生は賞金稼ぎで、生徒たちを使って動きを封じるのに成功する。
uq130828-3.jpg
そこで刀太の覚醒が今回一番の見どころでしょう。両親から渡されたとき既に死にかけていた刀太を雪姫先生(もう正体バレてますね)は能力を使って不死身の身体に。今回、先生の血を飲んだことで本物の不死身となった刀太の強いこと! 両腕を失っても即時再生するのだから脅威としか言いようがありません。
uq130828-4.jpg
はいはい、そんなことだろうと思ってましたよ。生徒たちとの戦いにて魔法の始動キーが同じでしたから。登校地獄からは解放され世界を彷徨うのにいつもの身体ではバレバレだから、このような大人の身体になっていると思われます。または本当に歳を取ったとも?
正体がバレてしまった以上ここには居られないと、刀太とエヴァは新東京天之御柱市へ向けて出発。行き先で待つものはいったい? つづく

ともかくこの時代って100年後なの、どうなのよ!? 橘先生の発言が10年ではなく100年の間違いなら即解決するのだけどね。
スポンサーサイト