medaka130905.jpg
『週刊少年ジャンプ』に連載していた「めだかボックス」の最終22巻です。
ついにこの時が来てしまいました。連載当初からレビューし続けた めだかの最終巻です。10数話から巻末あたりを低空飛行し続けて、最下位になった時は打ち切りだって覚悟したよ。でもバトル路線になってからは何とか持ちこたえ、アニメ化も成りました。

今だから言おう。めだかをレビューし始めたことで私の文章を打つ技法?がちょっと変ったのです。それはひらがなの名前の前に半角開けること。例に出しますと↓こうです。
  1.きのこの山を食べためだかちゃん
  2.たけのこの里を食べた めだかちゃん
1と2でどっちが読みやすいでしょうか? どちらも同じと言う人も居るでしょうけれど「めだかちゃん」の前に半角開けた2の方が読みやすいと思いません? ひらがなの名前は文章の前後に埋もれやすくなるのです。それを回避して読みやすくするために身につけたのが半角開けること。全然大したことないと思われるかもしれませんがブログ活動を始めて約7年で"たったこれだけのこと"が私にとっては画期的な変化だったんです。ま、本当にどーでもいいことですけどね。
medaka130905-.jpg
カバーを外すとこれが見納め、大人になった めだかちゃんのランジェリー姿。箱庭学園時代ならこの姿を見られても動じなかったでしょうが、さすがに大人になってからは気にするようになったらしく、右側の裏表紙では赤くなって隠してます。こういう姿は可愛らしいよねー。

半袖が帰ってきて平穏な学生生活がまた戻って…こなかった。というか めだかの突然の退学に善吉たちは大騒動。これというのも黒神家の家督を継いだからです。
medaka130905-6.jpg
めだかには めだかの、善吉には善吉の目指す道を見つけたために袂を分かつ二人。めだかに誘われながらも苦渋の選択で別れることにした善吉の表情は本当に辛そうでしたね。そんな めだかの壮行会がこの巻のメインたる「百輪走」。生徒会が選んだ100人と戦ってコサージュを手に入れるというもの。それは同時に今まで登場したキャラとのお別れの会でもありました。
medaka130905-3.jpg
王土を初めとする「十三組の十三人」のメンバーがズラリと登場。懐かしささえ感じられます。こんな具合に過去キャラが続々と登場してくるのでお腹いっぱいになっちゃいますよ。
最後に戦ったのはやはり球磨川。それは同時に球磨川の最後の姿でもあるので見届けてください。

そしてエピローグたる10年後の世界へ。阿久根とワニちゃんが結婚していたり、もがなちゃんが子供を抱いているなど驚きの連続です。その中で めだかは著しく変化してました。
medaka130905-4.jpg
なんというべっぴんさんだこと!
これなら他の男が黙っちゃいないだろうよ、マジで。今では使えなくなったというスキル。これは大人になるための試練だったのかもしれないね。

こうして幕を閉じる めだかボックス。この作品と知り合えて楽しかったです。4年間本当にありがとう!
めだかボックス 22 (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
めだかボックス 22 (ジャンプコミックス)
めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト