uq130925.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.5 旅の休息、男のロマン
なし崩し的に刀太たちと同行することになった九郎丸。離れて歩いて相容れない関係を保とうとするも、マブダチとなった契約書を見せられちゃ反故にすることもできません。
九郎丸の字、汚ねー! 「厄介者」と呼ばれてただけにしっかりとした教育を受けさせてもらえなかったと推測します。

改めて聞く九郎丸の身の上。任務に失敗したら帰るな、のたれ死ねと言われてることに刀太も雪姫も思うところがあるみたい。その前に"不死なのに「のたれ死ね」とはどーゆー意味だよ?"と思うんだけど、話の腰を折るので追求するのはやめておこう。
そこで出たのが雪姫の弟子になる提案。これは前回 私も予想した事案です。本人は嫌がってるけど修行を積めば強くなるのは確実なので、「エヴァを倒せなかった俺はしぶしぶ弟子を決意しました。」状態に。
uq130925-.jpg
温泉街に来たからには温泉だよな。ただし絵は男だけど。ネット上では女説が絶えない九郎丸。これというのも下だけならまだしも、胸まで隠してることが原因となってます。私は男だと思ってるけどね。「女!?」と言われてガンッと衝撃を受けてたのがその理由。女だったらショックは受けないと思いますから。
じゃあ胸まで隠す理由は? と問われれば、見せたくないものがあるんじゃないかな。「厄介者」と言われている原因の、悪魔の紋章が刻まれているとかね。
uq130925-2.jpg
女風呂を覗きに行こうとの発案に受けて立つ雪姫。ポーズを取るのはいいけど崖の上から股を広げちゃ見えちゃうから注意しましょう。バスタオルを奪い去れば裸体を見せないこともないと言われて刀太は果敢にアタック。
uq130925-1.jpg
ここで雪姫が見せたのが古の魔法。「ネギま!」でフェイトが使ったような、圧倒的な物量で押し切る攻撃魔法です。これに耐えた刀太が九郎丸の協力によりバスタオルを奪取! この続きは次回のセンターカラーで。
ソードアート・オンライン アスナビッグタオル 僕は友達が少ないNEXT はがないNEXT星奈ビッグタオル
ソードアート・オンライン アスナビッグタオル
僕は友達が少ないNEXT はがないNEXT星奈ビッグタオル
スポンサーサイト