watamote131017.jpg
『別冊フレンド』連載、「私がモテてどうすんだ」の1巻です。
帯とか裏表紙とか読んでみて面白そうだったから買ったところ、予想以上の面白さでした。そもそもタイトルが「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の逆を行く、というかあえて狙って逆にしたとしか思えない!

高校2年の芹沼花依(せりぬま かえ)は見た目80kgオーバーの肥った女の子。それだけならまだしも、あまり人に言えない腐女子という一面もありました。
watamote131017-1.jpg
アニメキャラ同士でどっちが攻め、どっちが受けと考えるのはもちろんのこと、校内のイケメン生徒同士が仲良くしているのを見るのも大好き。男子同士の熱い絡みを見てはカップリング、絡んでなくとも有り余る妄想力でカップリング。スキあらばカップリングを頭に描いてしまうのが私という生き様なのだ!

そんな花依に一大転機が訪れます。大好きなアニメキャラが突然の死亡。これに大ショックを受けて一週間寝こんでしまいます。そしたら あら不思議、漫画みたいな現象が起きてました。(いや漫画だけどね)
watamote131017-2.jpg
すっかり痩せて美少女になっていた~~!  んなバカな!
これというのも一週間 まともに食っておらず気分も落ち込んでいたのが原因です。
これが男だったらもっとハデにやってるんじゃないかな。実際 コードギアスでシャーリーが死んだ時に殺害予告を出して捕まったヤツが居たからね。
見違えた姿にクラスは騒然。そればかりか今までよく思われていなかった男子やちょっとナマイキな下級生など、4人のイケメン男子から告白されてしまいます。そんな4人と花依との関係をおもしろおかしく描いてるのが当作品です。

当初はオタクであることを隠しており、バレないような行動をとる姿が面白かったりします。またところどころに出るアニメの名セリフにニヤリ。作者も相当好きなようですね。ただ、サッカーの試合で「あきらめたらそこで試合終了ですよ」はないだろ(笑)
死んだキャラのため仏壇もある花依の部屋ですが、これは作者の知り合いで実際にあった出来事だそうだ。そこまでやるとは相当好きだったんだな。
スポンサーサイト