uq131120-2.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.12 初任務
刀太は夢を見ていた。雪姫に助けられた夢を── これは真実なのだけど記憶操作によって消されたハズの記憶が、何らかの理由によってフラッシュバックをおこしたのでしょう。そもそも刀太の両親はなぜ殺されたのかわかりません。その真実がわかって刀太の記憶も戻ったとき、物語は次のステージに進むのではないだろうか。

狭い部屋で目覚めた刀太。UQホルダーでランクの高い"ナンバーズ"になったとはいえ実績も手柄も無いとこのような待遇らしい。ここでベッドに注目。刀太が一番下で二段目は九郎丸でしょう。でも階段が更に伸びてるので三段目がある?
uq131120.jpg
それを証明するのが表札。三人部屋なのですね。どうやらナンバーズの「12」も欠番となってる様子。いったいどういう理由でのナンバーなんだろうな?
で、一番上の画像の撲殺天使 夏凛ちゃんですよ。しっかり麻帆良の制服を着てるのが嬉しいなぁ。ひょっとしてエヴァたんのお下がりだったりしてね。でも何十年と経ってるだろうからやっぱ違うか。つーか、今でも麻帆良の学園都市ってあるんだろうか??
指令書に目を通して「キッ」とするところがポイント。これが後に関係してきます。
uq131120-.jpg
うわぁぁぁぁ! 今さらかよ!! 当初から上がっていた「九郎丸は女」説。男と思われて怒るならまだしも、女と間違えられて怒るのだから男に違いないと思っていたのですが、まさかここにきて女であることが発覚。でも違うと言ってることから不死にされた際に女になった(された)ということか? つーか、そこまで頑なに否定する理由は何だろう…

手柄を立てて幹部にならなきゃ雪姫とも会えない。ならば手柄を立てようと初任務となる地上げ屋の撃退に向かう三人です。
uq131120-1.jpg
その途中で夏凛ちゃんは語る。貧困層を蝕むヤツラの存在のことを。饒舌とは思えない夏凛ちゃんが積極的に話す姿は信念を伴っており、決意が感じられます。たぶん夏凛ちゃん自身がそんな目に遭ったんじゃないかな。だからこそ指令書を読んで目の色が変ったと思うわけで。 つづく
Amazon UQ HOLDER!(1) (講談社コミックス) 12月17日発売
スポンサーサイト