hunter140616.jpg
今回は大雑把に「十二支んの新メンバー」部分と「ジンとパリストンのやりとり」部分に分けられます。ちょっとわかりにくかった後者を先にやってみますね。

パリストンの↑この画像の部分「ハンター試験が出てくるのも唐突ですよね」とありますが、前回をどう読み直しても「ハンター試験」なんて出てきません。いったいどういう意味かと思ったら前回の二択の部分にて
  「ビヨンドの挑発に応じれば世界中に5000体の兵隊(キメラ)をバラまく」
  「応じなければハンター協会に5000体の兵隊(キメラ)を送り込む」
この「ハンター協会」の部分が「ハンター試験」の間違いなんでしょう。ってか、そうでないと話が通じません。
つまりこうです。ビヨンドの挑発に応じるようなつまらない協会ならば、新たな標的を見つけるために世界中にキメラを拡散してしまおうと。また挑発に応じず協会がまだまだ捨てたものじゃないと思ったら、ハンター試験にキメラを送り込んでパリストンのコネを使って大量に合格させてしまおうと企んでいたというわけ。
でもハンター試験に見るからに人間じゃない人材が大量に居たら、明らかに変だと思われそうだけど…そこまで考えることはないか。

それにしてもパリストンは「ネテロなら絶対にしませんよ!」と、敵対しながらも敬意を払っていたことがわかります。それだけに十二支んのビヨンドとの取り引きめいた行為が許せなく、二択の行為をするつもりだったんでしょうね。
hunter140616-.jpg
宝寿司の梅さん(仮名)あわれ…いや、これはそう思わせる幻覚でした。幻覚とはいえ涙目にさせてしまうとはジンの潜在能力は相当なもの。梅さん(仮名)は前掛けに長靴なことから、正確には魚屋ですかね。魚屋だけにタコ殴りってのは──面白くありませーん。
hunter140616-1.jpg
一方、レオリオにはチードルから十二支んへの参加要請が来てました。今の協会内部では誰よりも心象がいいからだそうだ。通ってる学校に根回しして留学は承知済み。わざと反感を買うような言い方をして挑発し、参加を受諾させるなんてチードルもヤリ手ですな。
レオリオのセリフから十二支んに欠員が出ていたのは知っていた模様。これは広報か何かがあったんでしょう。それを指してもう一人の補充要員を指名します。となったらあの人ですよね~
hunter140616-2.jpg
はい、クラピカです。今では独立して組のボスになってましたか。その若頭的な存在がリンセン、って懐かしなぁ。この人もノストラードファミリーを辞めて今はクラピカに就いたわけですか。念能力は不明でしたが、凝で咄嗟にミザイストムの能力を探ろうとしたのは流石。その能力"密室裁判"は「警告する」と言って"!カード"を掲示するのが発動条件になってると見た!

緋の目のことを言われて「屋上へ行こうぜ…久しぶりに…キレちまったよ…」状態なのが上の画像。闇サイトに大量の緋の目の動画が投稿されたものの、その手掛かりが全く掴めないのが一因らしい。その持ち主を教える条件で十二支んメンバーになることを迫るミザイストムです。結果はOK。これにてレオリオ・クラピカ共に十二支んになったわけですが、どっちが子と亥なんでしょうな? イメージ的にレオリオが亥でクラピカが子だと私は思いますがね。

さて、この二人が暗黒大陸に行くとなったらゴンとキルアも必然的に行くとしか思えない。また広報で十二支んの新メンバーにクラピカが報じられたら蜘蛛も黙っちゃいないでしょうから、暗黒大陸では総決算な戦いになるかもしれません。 つづく
スポンサーサイト