saki141003.jpg
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の132局
本日、10月4日は和(のどか)の誕生日だそうでおめでとうございます。"のどっち"が天使の姿だから10月4日(てんし)と引っ掛けてるんでしょうかね。第二次特撮ブームで育った身としては「緊急指令10-4 10-10」の日でもいいんじゃないかと言っておきましょう。

129局から始まった真屋由暉子さんの回想。元はといえば副将戦に出場するための着替えから始まったものでした。その着替え終わった姿が上の画像。バストを強調してフリフリなプリーツスカートという改造制服で出陣です。着替えたからといって強くなるわけじゃない。先輩たちが喜んでもらえるならそれでいいという謙虚な気持ちがこの制服に表れているのです。
出陣の際に「汝死ぬことあらじ…」などと聖書なこと言ってますが、それは旧約聖書の「士師記」かららしい。ここにある第6章の18項と23項がソレにあたります。言葉の意味はわからんがとにかくすごい励ましなことは雰囲気でわかりますね。
saki141003-1.jpg
こちらは臨海女子のメガン・ダヴァン。大将のネリーはトバさないで私に回せというものの、無理なくトバせるならそうするつもり。しかし相手の誰かが強ければトバすのを二の次にして真っ向から戦いたいと。去年、途中から雰囲気が激変した龍門渕透華が怖くなって他家をトバして逃げたことを後悔しており、今年は好きにやらせてもらいたいそうだ。
ちなみに現在の点数はこうなってます。
 臨海女子 164400
 姫松    127300
 清澄    101000
 有珠山   7300
有珠山は役満の一つで即トぶ危険な状態。けれど副将と大将が強いとされてるのでこのまま終らないでしょう。

対局室に集いし4人は 和と真屋さんとメガンと愛宕妹。さぁこの中に一人だけ仲間はずれがいるぞ!
saki141003-2.jpg
席を移動する際にバスト同士がぶつかってエトペンが空中に舞い上がり、サッカー経験のある愛宕妹がキャッチ! 三人とも巨乳だったけれどメガンだけは普通。「まざりタイ…」とは偽らざる心境なのですね。これをアイドルマスター風に例えると
saki141003-5.jpg
こうなります。
試合が始まって和はいきなり"のどっち"を出現させる。となると応援する側も久しぶりに透華が見られそうです。 つづく
スポンサーサイト