rail141228.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第73.5話
今回は突然番外編。事件・事故を予言するアプリを開発した謎の少年は黒子と出会う数時間前に、結標淡希さんと会っていたというお話です。アニメしか観てなかった人のために助言しますと、結標さんはショタコン疑惑を持たれてる人物だと知っておいてください。なんで?と訊かれても困りますけど、そういうことなのですから。

少年がバス停で待っているのと同じく結標さんも待っていた。視線がうつむきがちなのは普段の仕草なのか、それとも少年を気付かれないように静かに観察していたからなのか? ふとランドセルについて話し始めます。丈夫で長持ち 機能性に優れ 収納率も高い。最近は海外でも女優やタレントが背負ってるってニュースを見たことないかと。
少年が あぁと返答したことで結標さんは積極アピール!
rail141228-.jpg
私が持ってる逸品を よければ譲渡するけど 背負ってみない?
小学生といえばランドセル! 小学校指定のカバンではなく私のランドセルを背負ってちょうだいと、己の欲望が顔を出し始めましたよ。これを機に親密な関係を築こうというわけですな。あるいは少なくともランドセル姿を写真に撮って、目の保養にしたいというところか。

でも やんわりとお断りする少年です。知らない人から物をもらってはいけないという教えをキチンと守ってるとは立派だ! それに引き換え結標さんときたら…

むろんこの程度で引き下がる結標さんではありません。今度は秘めた欲望が"ついカッとなって"出てしまいます。少年の読んでいた本がベンチの後ろに落ちてしまった。取ろうと後ろ向きになります。結標さんの目の前には少年のお尻が来るわけで、これには鷹が獲物を見つけたが如く 食い入るように凝視してしまった!
rail141228-1.jpg
ぞわっ と悪寒が走る少年。肉食獣に狙われたかのような感覚だったそうだ。あーあるある。女性に例えるところ、前かがみになって胸元が見えそうになったときの男の心境と同じようなものか。もし…悪寒が走らなかったら少年はいったいどうなっていたんだろうな。きっと瞬間的に密室にテレポートさせられて…

結標さんのアタックはまだまだ続く。まだ9月なのに冬服を着てるのはナゼ? と訊いたところ「ならし」もあって大覇星祭明けから着てもいいんだそうだ。ちなみに夏服は?との答えを聞いて結標さんは大ショック!
rail141228-2.jpg
なんで丈の短い短パンの夏服を着てないのーーッ!(泣)
なんでもう冬服を着てるのよと結標さんは残念でならない様子。いやいやそれは少年の自由だろうよ。まったく結標さんときたら…
[「とある科学の超電磁砲」 ショタコン疑惑の結標さんが少年をナンパする?]の続きを読む
スポンサーサイト