wata150224.jpg
『ARIA』連載、「四月一日(わたぬき)さんには僕がたりない」の1巻です。
『なかよし』で「わたしに××しなさい!」を連載してる遠山えまさんの最新作はややアダルトでした。学年主席の才色兼備、更には生徒会長も務めているのは四月一日(わたぬき)レイラ。今日も学年主席だけが着用を許されているケープを着こなし、生徒会の仕事を勤しんでます。
けれど彼女には絶対に知られてはいけない秘密がありました。それは自宅がラブホテルだということ! 父は失踪し、ホテル経営は母親一人で切り盛りしてます。
wata150224-.jpg
そんな母親を助けたいため何としても生徒会長を無事に勤め上げて学年主席で卒業したい。そして多額の奨学金を手に入れたいとレイラは硬く誓ってます。
あの~奨学金って貸与、つまり借金じゃないの? 多額に貰ったところで返済しなきゃいけないと思うのですが。それともここでは返済しなくてもいいということなんですかね?

ところがよりによって ほぼ女生徒の投票数だけで選ばれたチャラ男な会計・三月終(さんがつ おわる)に知られてしまう。
wata150224-1.jpg
しかも写真を撮られて「ここに住まわせてくれ」と恐喝まがい(いや、マジ恐喝だな)に迫られることに。三月は家出をしていて女の子の家を転々としていたようで、このラブホもついさっき出会った女性のヒモとして来たそうだ。
ラブホか…まぁ言っちゃおうか。私はラブホでバイトの経験がありまして、部屋が空いたらシーツの取り替えや風呂の清掃など短時間で行わなければなりませんでした。ゴミ箱の中に入っているのは──まぁ言わずもがなですな。
また使用する側として入ったラブホで、料金の精算がエアシューターで出来たのは驚いたものですよ。尚、このことについてどんなに質問されても絶対に返答しませんからあしからず(笑)。
そういや「ラブひな」で景太郎をラブホに誘ったのは なるの方からだったな。

バレたら人生が終る…やむなく条件を飲むことにしたレイラ。無論 そんな三月のことが好きになれるわけがない。けれど不意に助けてくれるなどがあって二人の関係は微妙になっていく…
wata150224-2.jpg
レイラにはもう一つ知られたくない悩みがあってそれも三月に知られてしまいます。けれどそれがきっかけで少なからず前進することに。いったい二人はどうなってしまうのかーー!?

帯には声優の杉田智和さんの推薦文。どうやら えまさんの憧れの人だったようで喜んでることがあとがきに書いてあります。その杉田さんのナレーターによるこの本のPVがありますからご覧になってみてください。
 遠山えま最新作『四月一日さんには僕がたりない』PV(ナレーション:杉田智和)(You Tube)

四月一日さんには僕がたりない(1) (KCデラックス ARIA)
四月一日さんには僕がたりない(1) (KCデラックス ARIA)
四月一日さんには僕がたりない(1) [Kindle版]
CD付き 四月一日さんには僕がたりない(2)特装版 (講談社キャラクターズA) *6月12日発売
スポンサーサイト