uq150610.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.82 みんな大変
刀太が修行してる一方で、他の三人はどうしていたかが前半に語られました。九郎丸は成竜と、三太は霊体を食べる蜘蛛と戦い、キリエが戦っていたのは…一流の魔法使いになるための教科書だったようです。各個人でコーチ役のダーナの年齢が違うのは"狭間の魔女"たる所以(ゆえん)の演出でしょうね。若いときはこんなハイレグ(今じゃほとんど死後だな)をして、男を誘っては血を吸っていたんだろう。でもこのキリエの修行は思っていたのと違う気が…
uq150610-.jpg
これはStage.80で各個人が修行に分かれた場面。ここでのキリエは魔獣と戦う絵だからてっきりそうしてると思ってました。それがどーして勉強になっちゃったんだろうな? ってか、三太もドラゴン系の魔獣と戦う絵なのに実際に戦っていたのは蜘蛛。いったいこの2話の間に何があったんでしょう、赤松センセー!?
uq150610-1.jpg
一週間の修行から数日後、ってことは約10日後の修行の成果。完全復活まで皆のタイムが早まってました。分かりやすいように修行前と修行後の時間を比べてみます。
刀太  3分26秒→32.4秒
三太  4分→23.7秒
九郎丸 3分47秒→26.4秒
三人ともこの短期間で驚異的にタイムを縮めているのが一目瞭然。特に三太は時間はもちろん、服装も復活させているのが他の二人と違うところであり、こりゃ師弟関係の逆転もありか?
復活したところでハッタリをかますという場面に「雀聖」なる人物の絵。これは間違いなく阿佐田哲也です。赤松センセーは麻雀をやるので いつかは描いてみたかったのではないでしょうか。
uq150610-2.jpg
これは刀太の修行の成果。知らないうちに足元に陰陽太極図が現れていたらしい。陰陽太極図は一目で判るように白と黒とが対比してる状態。これは自然とそのまま刀太の身体の中に混在している「白と黒の魔法」を表現してるのでしょう。
さぁここから重要事項が不意にいくつも登場したので驚いたよ。
uq150610-3.jpg
・雪姫(エヴァ)が造物主に吸血鬼にさせられたのは知っていたけれど、それは不死研究の実験体だった。
・「黒の魔法」=「闇の魔法」。刀太が不死になっている原因であって、雪姫の血を飲んだので不死になったのではなかった!
・「白の魔法」=「魔法無効化」。明日菜が持っていた能力で、刀太が魔法が使えないのはこのためなのがようやく確定。
・この「白の魔法」こそ、雪姫の宿敵『始まりの魔法使い(造物主)』を倒せる、唯一の力。

なんか一気に情報出してきましたね。この"修行編"のアンケート結果が悪いので早く終えてしまおうとの内部事情があるのかなーと勘繰ってしまいます。えー、つまり刀太には造物主を倒せる力がある。だからこそフェイトは刀太を仲間にしたいのであり、また謎の少女は敵対してるということなんだろう。事情が判っただけにこの修行で刀太の価値が大きく左右するのは間違いありません。 つづく
UQ HOLDER!(7) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(7) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(7) [Kindle版]  *各6月17日発売
スポンサーサイト