geki150625.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第22話
少年ジャンプでマジンガーの連載が始まり、初回のアンケートは3位という好発進。もっと頑張るぞーと思っていたら、マネージャーのタカシから とんでもないことが告げられました。アニメのマジンガーのメインスポンサーになる予定だった「万創」が倒産したというのだ。いや、まだ倒産はしてないものの業績悪化によって番組を下りたとのこと。
"とびだすえほん"といったら万創。私が小さいときは有名でしたよ。翌73年の6月に280億円もの負債を抱えて正式に倒産となります。

ではマジンガーはどうなってしまうのか? いま東映動画の有馬さんたちが大慌てで代わりとなるスポンサーを探しているという。そんなタイミングで有馬さんから電話が。先ずはタカラ(現 タカラトミー)に行ったところ断られたそうです。
geki150625-.jpg
その後に行ったのがポピー。この時点で激は知らなかったようですが、後に超合金やジャンボマシンダー等が大ヒット。親会社のバンダイを抜いておもちゃ業界の最高売り上げを誇る会社へと成長を遂げるのです。そのきっかけがマジンガーの超合金ですから「マジンガーのおかげで成長を遂げた」と言ってもおかしくないでしょう。

ちなみに上の動画が超合金のCM。当時を思い出すなぁ。またタカラはスポンサーにはならなかったようですが、「変身サイボーグ1号」の変身セットとしてマジンガーZやグレートマジンガーが発売されることになります。
geki150625-2.jpg
マジンガーの描き直しはドグラ・マグラー戦の真っ最中。初めて登場した空飛ぶ機械獣です。原作での戦闘はあっさりしてましたが描き直しはページがかなり増えました。上の画像にて右上が原作、左下が今回のもの。当然といえば当然ですが現代風になってますね。原作のは前後に分離する構造だったものが、描き直しでは左右に分離へと変更。そのため変形がやや無理っぽくなってしまった感が否めなくなってしまいました。
スポンサーサイト