hunter160606.jpg
破壊された左手。それは「番いの破壊者」が発動すれば切断された首だろうと胴体と同じく爆発したからでした。これは前回 予想できたものの、プラスとマイナスの刻印が重なれば別人同士でも発動するとは知りませんでしたよ。だったら首のみならず手足をバラバラにすればそれだけ"爆弾"が増えることになるわけだし、プラスとマイナスの刻印を持つ者同士が何十人と連なって一斉に起爆することも可能。これは厄介すぎる能力だこと。

保険のために天井に付けておいたバンジーガムも失い、今までフローチャート方式で思いを巡らせていた余裕が失ったヒソカ。「本当の土壇場!!」らしく文末にハートやスペードも付いてません。押し寄せる人形から逃げるべく二階の壁に足でガムを放ち移動。これにクロロは「2階に上がり見つけたら すぐそばで自爆しろ」と命令を。
hunter160606-.jpg
はて? 人形って細かな指示は受けられないんじゃなかったっけ? だから今まで「ヒソカを壊せ」だけで動かしてたと思うんだけど、ここにきて「2階に上がり」「見つけたら」「すぐそばで自爆」という細かな指示まで受け付けるとは不思議~。まぁいいけどさ。

念のオーラを身に纏うことで複数名による自爆から逃れたヒソカ。このまま落ちたら自爆人形の餌食ってことで天井に逃げるべく右足からガムを放つつもりが…
hunter160606-1.jpg
爆発の影響で失っていたことに気が付きます。ならば左足で──というタイミングで人がぶつかってきた。いや、クロロが邪魔をするため投げてきたのだ。その人間の額には「人間の証明」のスタンプが無いことから一般人を平気で投げつけてきたことがわかります。ひでーな。
hunter160606-2.jpg
闘技場に落とされゾンビのように群がってくる人形たちに「ボク 死ぬのかな…?」と死を覚悟する。どうせ死ぬならと身を丸くし、そして爆発。これは…どう見ても死んだ?? けれどそこは奇術師と呼ばれるだけに何らかの方法で逃れたとも。例えば爆発からはオーラによって身を守り、爆発で出来た穴の中に隠れてドッキリテクスチャーでカモフラージュ。死んだと確信したクロロが近寄って来たところを襲うとかしてくれませんかね。
HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2016-06-03)
売り上げランキング: 4
スポンサーサイト