shin161208.jpg
『週刊漫画ゴラク』新連載、「真!!男塾」の第1話
待望の男塾新シリーズが遂に開始! でもイキナリ読後の感想を言うと「天下無双 江田島平八伝の続編じゃね?」と思ってしまったよ。でもいささか設定が違うので"あれはあれ、これはこれ"で また違う話になると思われます。

終戦後 幾年の春を迎え、ある男が小屋に『男塾』の看板を構えた。江田島平八が三十三歳の時である。
shin161208-.jpg
ここに全国のドグサレ共を集めて鍛え上げ、やがて文化・政治・経済あらゆる分野で日本のカジをとっていく人物を育てるのが夢のようだ。うーん、戦争での廃墟が残っており米軍の横流し品が売られていることから昭和22・23年(1948年)あたりの時代設定でしょうか。「天下無双 江田島平八伝」での江田島の生まれた設定が昭和3年(1928年)なので、別の話なのは明らかです。

とはいえ塾生が集まらなければ絵に描いた餅に過ぎません。とゆーか、何を根拠に自分の育てた塾生が将来の日本を背負える人物に成れると断言できるのか わからないんだけど?
そこへ路面電車が乗っ取られたという事件が発生。犯人はコイツら↓です。
shin161208-1.jpg
まさかの飛行帽と鉄カブトwww
男塾教官として初期からのメンバーですが、昔はこんなことしてたのか。ヒロポン中毒による症状で死ぬのは怖くないと不発弾を持ち出し、身代金を要求してます。ちなみにヒロポンは昭和26年になって禁止されることからこの当時はまだ普通に売られていたと思われます。まぁこういう中毒患者が多く出て問題となったからこそ禁止されるんだけどね。

これを見た江田島は先ほど知り合った米軍横流し品を売っていた男からダイナマイトを貰い、火を点けて前に出る。てめえ等なんぞ死ぬ気なんかありはしねえ、クスリ無しでは何も出来ねえ弱虫野郎だと!
shin161208-2.jpg
江田島は拳銃を撃たれても退くことなく、むしろ鬼の形相で二人を睨みつける! そしたらどうだろう、二人はこのような巨大な姿に見え、後にこう語ったそうだ。
アレは幻影ではなかった まさしく塾長の 男そのものの大きさだった

恐れおののいた二人は逃げたところを警察に捕らえられる。片や江田島はそのままダイナマイトが爆発して爆死したと思われるも助かります。
shin161208-3.jpg
これを見た横流し品の男は感銘し、アンタに一生ついて行くと決意します。男が男に惚れるとはこういうことなんですね。この男こそ後の鬼ヒゲでした。
shin161208-4.jpg
マスコミからのインタビューを受け、「男塾塾長 江田島平八である!!」と高らかに謳います。これにより一癖も二癖もある塾生たちが集まって来るのでしょうね、きっと!

正直、塾長の昔の話になるとは思いませんでした。これでは得意の時事ネタも使いにくくなると思うのだけど…まぁ何とかするんじゃね? 宮下ワールドは何が起きても不思議じゃありませんから。
スポンサーサイト