otoko170101.jpg
去年の1月1日にやった企画
魁!!男塾における新・3大「そんな設定だっけ?」と思えたエピソード
がなかなか反応が良かったことに味を占め、今年も新たに三つの謎について語ろうと思います。ただし去年やった「新・3大」風なことはいたしませんのであしからず。

1.塾長の正体ってバレてるんじゃないの?
上の画像は天挑五輪大武會にて塾長が男塾第三の助っ人として登場した場面。普通ならいつもの「わしが男塾塾長 江田島平八である!」と叫ぶところですが今回はしませんでした。
otoko170101-.jpg
なぜなら正体を隠しているから。そもそもこの戦いは藤堂兵衛を討つためのものであり、藤堂に江田島のことをバラしたくないため名を名乗らなかったのです。
otoko170101-1.jpg
その甲斐もあって藤堂は勝ち続ける男塾に興味を持ちながらも、塾長が江田島平八だとは気が付きませんでした。ま、最後の最後でわかっちゃうんだけどね。
しかーし、それよりもっと前に「塾長の名前知ってたんじゃねーの?」と思える場面があるのです! それは大威震八連制覇が終わってすぐ、天挑五輪大武會の使者が塾長のもとに来た場面。
otoko170101-2.jpg
堂々と名前を言ってるじゃねーか!
それなのに江田島のことを知らなかった藤堂って何なの?バカなの? 男塾の歴史にまた1ページ!

2.それはさすがに死んでもおかしくないよね?
otoko170101-3.jpg
天挑五輪大武會の決勝戦にて戦った桃と藤堂豪毅。豪毅の刀が桃の腹を突き刺したと思いきや、刀は邪鬼から渡された男塾総代の証によって阻まれた。桃はカウンターで豪毅の胸板を貫き、ここに桃の勝利が宣言されました。
この状態からして豪毅の命はさすがにないと思われましたが…実は生きていた!
otoko170101-5.jpg
「急所ははずしておいた」って、どう見ても そう思えないよ!
死亡してもおかしくないと違います? 男塾の歴史にまた1ページ!
[新年企画 男塾の不思議に迫る、三つの謎について今年も語ろう!]の続きを読む
スポンサーサイト