shin170209.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第5話
模造刀や女装プロレスラーなど、姑息な手段で江田島を陥れようとしたトランプ。江田島は その張本人をリングに上げて直接対決をするつもりだ。無論 力による戦いではトランプに勝ち目はないだろう。そこで使われたのがポーカー。しかも負けたら毒入りの酒を飲むという「死のポーカー」です。
ひょっとしてこれが後の男塾名物「羅惧美偉(ラグビー)」の元になった設定かな?

10杯飲めば巨象さえ死ぬそうで、江田島は負け続けて9杯目。普通の人間ならば既に死んでもおかしくないだろう。これが最後のゲームだと配られたカードを見て、江田島はノーチェンジ。そのまま勝負に出た!
shin170209-1.jpg
ここで起死回生のロイヤルストレートフラッシュを引き当てたのは持ち前の運の強さだろうか。ストフラによる勝ちは残りの酒を一気飲みする取り決めなので、今度はトランプがピンチ。けれど何故か強気のままだ。まるで自分もストフラが出来るかのように…。
「髪に手をやる仕草はやめろ 貴様の手札にはポマードがついている」
! 江田島はトランプがイカサマをしていたのを知っていたのだ。知っていながら黙して負けて毒を飲んでいたのだ。トランプがイカサマをしないで堂々と勝負する姿を見たいがために。

けれど最後までイカサマを押し通す姿に、トランプの父親が我慢なりませんでした。
shin170209-2.jpg
「このバカ息子が」と、頭を殴ったことで髪からカードが落下。イカサマの発覚により敗北決定です。
自分の息子ながら情けないと思ったのでしょう、「男塾で息子を鍛えて欲しい」と頼む父親に江田島は即答でOKするのでした。
shin170209-3.jpg
こうして男塾入りとなったのは後の第四十五代米国大統領となるD・トランプ。大統領就任式に招待した江田島に向かって「押忍!!」と叫んだそうです。

前回も言ったけど現大統領が男塾塾生だったとするのはヤバくない? 本当に大丈夫なのか心配になってしまいますよ。
とはいえ塾生が集まらなければ話が続かないのでしばらくは「ぞくぞく入塾者シリーズ」が続くんじゃない? 私としては今後はカツシンが登場すると予想します。破天荒なキャラ的にも男塾塾生が似合いますからね。
極!!男塾(8): ニチブン・コミックス *3月29日発売
スポンサーサイト