aka170326.jpg
最終日にしてようやく時間がとれたもので10数年ぶりに上京して「赤松健 原画展」に行ってきましたー! 着いたのは開場15分前ぐらいで、既に30名ほどが並んでましたよ。
入場してすぐのエリアはまだカメラ撮影可能の場所。
aka170326-.jpg
その突き当りにあったメインビジュアルの4作品の4人。ここから先は撮影不可です。「A・Iが止まらない!」から「UQ HOLDER!」までが順に展示されてました。「AI止ま」ではフロッピーディスクの中央部を取り去りドーナツ状にして壁に付着。そこか。「AIが止まらない」ら中を覗けばラッキースケベシーン等が見れる仕組みになってました。これは展示方法に遊びをつけた格好で、他ではあまり見ない仕組みでしょう。

先生の絵はWikiにあるように「切り貼り」することが特徴のようなので、注意しながら見てたら見つけました。
aka170326-5.jpg
「ネギま!」のコミックス15巻130時間目の枠で囲った部分。ネギやら明日菜やらエヴァの絵は普通に描いてあるものの、枠の中のキャラクター(木乃香とか古とかハルナとか夕映など)は別に描いたものを切って貼ったものでしたよ。

「UQ HOLDER!」が終わると撮影可能な赤松健エキシビジョンゾーン。ここに車ものの謎のネームがあったんですよ。
aka170326-2.jpg
これがMAX氏の言う、「ラブひな」終了後に描いたネームだけれどボツになって「ネギま!」になったという"幻の作品"なんですね。

aka170326-1.jpg
同じくそこにあった、仕事場のライブ映像。4月8日発売する『別冊少年マガジン』連載の「UQ HOLDER!」Stage.135をまだ描いてました。締め切り過ぎてるのに(笑) 見たところキリエですね。この絵がどんな場面に使われたのか確認するのが楽しみだ。
[赤松健 原画展に行ってきました]の続きを読む
スポンサーサイト