rail170228.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第93話
シン・ドッペルゲンカーと、美琴が操る砂鉄怪獣との巨大怪獣合戦は砂鉄怪獣が優勢。右腕を破壊する。続いて もう一撃と思ったらドッペルゲンガーはガスホルダー(ガスタンクのこと。海外でガスタンクとはガソリンタンクを指すらしく、ガスホルダーと呼ぶのが一般的らしい)を飛ばしてきた。撃ち落とすも今度は立て続けに三つ。美琴のエネルギーを使い果たさせるつもりらしい。

この三つも街に被害が出ないよう、爆発が上空に向かうよう撃ち落としたわけですが、ドッペルの真の目的はそこにありました。
rail170228-.jpg
学園都市上空の成層圏まで巻き上げられた砂鉄の粉塵は飛翔体に降り注ぐ。いかに巧妙に姿を隠そうとも太陽風との干渉で磁気は乱れて灰かぶり姫(シンデレラ)の姿があらわになる──
それはドッペルゲンガーのデータ等が保管されている飛行船。巨大怪獣対決をする一方で この飛行船を見つける案も練っており、その狡猾な作戦に美琴はまんまと乗ってしまったわけですな。戦いに負けても作戦では勝った格好です。

作戦を進めるべく シン・ドッペルゲンガーはさっさと放棄。自分の分身を無数に作り出し、背中から菌糸状の糸? を伸ばし始めた。
rail170228-1.jpg
巨大綾波かよっ! と思った人いるよねー。正直、何が何やら全然わかりません。どうして機械であるドッペルから植物の根とも胞子とも菌糸とも思わせる物体が伸びるのか。魂の解放は植物と結びついたとでも言うのかね??
ともかく飛行船に接触できたドッペルは提案があるとする操歯さんを連れて飛行船へ スタコラサッサ。美琴も遅れて接近します。

操歯さんの提案とは二ヶ月待ってくれ。計算では二か月後に魂を消滅させる手段が生み出されるハズだから。
rail170228-2.jpg
無論これを受け入れるわけがありません。お前を殺す手段があるから二ヶ月待てと言ってるようなものですからね。でもこれは操歯さんの、自分の魂を消すということでした。どういうことかというとドッペルは人間になりたがってるハズ。だったら私の魂を消滅させ、魂が空いた身体にドッペルの魂を宿せばいいということだ。

でもドッペルは操歯さんの身体には興味が無いと返し、身体を差し出す覚悟があるなら今すぐ死んで見せろとのこと。操歯さんはこれに応じ飛行船から真っ逆さま。美琴も手が届かずこのまま死亡は確実と思われた その時! 胸に着けてたゲコ太バッチから「まかせろ」との言葉が!
トンズラしたと思っていた屍喰部隊(スカベンジャー)がまさかの救出に乗り出してくれましたよ。リーダーの能力・鳥瞰把握(プレデター)で正確な位置を把握し、ナルが紙で飛行機を作成、•清ヶが操縦&空気の摩擦係数を下げてます。
rail170228-3.jpg
こうして救出した屍喰部隊。「きょ…共同戦線をはってるんだからな」と、リーダーが照れてますよ(笑)
もう私の中でリーダーへの人気が爆上げです。そのまま逃げて良かったんですよ、貰うものは貰ったので。サービス残業でしかないのに手伝ってくれるとは本当はいいヤツだと思いたいです。
とある科学の超電磁砲 PMフィギュア 御坂美琴 全1種 ( レールガン ) [おもちゃ&ホビー]
とある科学の超電磁砲 PMフィギュア 御坂美琴 全1種 ( レールガン ) [おもちゃ&ホビー]
スポンサーサイト