uq170308.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.134 久しぶり
来週発売の『週刊少年マガジン』にネギまが描き下ろしで復活掲載! わざわざ袋とじにするようなのでそのような内容なのかしらん? それと赤松健原画展の開催が近付いてきました。私が行くとしたら最終日の26日しか空いてません。そもそも東京に十数年行ってないので行くこと自体が不安だったりします。

ホルダーメンバーの全員が破れるも時間稼ぎの37秒が経過。キリエが「勝った」とまで言わしめたものなので何が起きるかと思ったら明日菜が出現~~? まさか100年の眠りについてる本体じゃないよね。たぶん刀太の頭の中に居るという分身(Stage.131参照)が実体化したものでしょう。「おかげで出てこれた」というセリフがその証拠か。
明日菜はネギ=ヨルダに「久しぶり」と抱きつき、ネギの記憶も少しは戻った様子。これに伴い夕映や のどか、ラカンたちの動きがフリーズ状態へ。
uq170308-.jpg
これはキリエが後に語ったものだけれど、夕映たちは「ヒモ付け」という形でネギ=ヨルダに支配されてるらしい。仕組みは全然わからないものの自らの意志で悪になったのではないと知れたのが大きな収穫です。

話を戻して、夕映たちがネギと一緒に居てくれたことで人類への猶予が伸ばされた。私も今からそこに加わるのでもうちょっとだけ猶予が延びる…ってどーゆーこと!? 何か今回わかんないことが多いんだけど! 私が思うところ、ネギは夕映たちが一緒だったので20年もの間 ヨルダに支配されずに済んでいた。今は支配されたけれど明日菜が加わったので再び支配されてない状態に戻ったと解釈していいのかな??
ただ心配なのは明日菜も「ヒモ付け」されて敵になるんじゃないかと思われるけれど…そのように考えてるキャラが居ないので、その心配はないと見て良さそうです。

「私はこの塔の上で待つ」「猶予はさほどないものと思え」と言い残して去るネギ=ヨルダ。このとき「君の答えを待つよ 刀太君」と言ったのはネギの意志に違いない。自分の孫がどのような行動を示すのかネギにとっても興味があるようだね。

脅威は去った。人類はひとまず救われた。けれど周囲は壊滅的状態になっており、物的はもちろん人的な被害は相当な数になると夏凛ちゃんは憂いで沈む。が、甚兵衛と源五郎が現れて死傷者はほぼゼロと聞かされる。
uq170308-1.jpg
また龍宮とザジも協力していた様子。多くの市民を助けることが出来たのは甚兵衛のテレポート能力でしょうね。そうでなきゃ無理でしょう。源五郎は未だに能力が判明しないのでどうやって救出したのかわかりません。

平穏な状態となり気まずくなったのはキリエ! 刀太のことを「好き」と言ってしまったことに今さらながら恥ずかしくなってしまいます。更に刀太から感謝の「ありがとう」を言われたものだから顔面真っ赤!
uq170308-2.jpg
キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい キリエかわいい 
キリエ好きで良かったーーー!!!
この後、トドメと言うべき「ほっぺにチュウ」されて最早 言語すらおぼつかない。ここでホテルに誘えば100%、いや、1000%スパーキングで思うがままだろうね!
uq170308-3.jpg
今回ラストはカトラスで引き。刀太を狙って近づくようだけれど…なぜかギャグに巻き込まれそうな予感がしてならない。だって刀太たちは今 風呂に入ってるんだぞ! そこでもって女の子のカトラスだから展開が見えてしまいますよ。
最後に近代麻雀漫画生活の いのけんさん、ご入籍おめでとうございます! 末永くお幸せに!

UQ HOLDER!(13): 週刊少年マガジン *4月7日発売
スポンサーサイト