prequel170404.jpg
『娘TYPE』掲載、「ブレイブウィッチーズPrequel」のEpisode.01
同名の小説のコミカライズですが、サンクトペテルブルクに来て早々に喧嘩をやらかして営倉入りになったこの部分は小説には無いオリジナル展開。新連載だった前回のは下記をご覧ください。尚、当漫画の雑誌掲載は今回まで。以後はコミックニュータイプでのweb連載だそうです。
新連載 ブレイブウィッチーズPrequel  502部隊創設時を管野 中心に描く

駅で喧嘩をやらかして憲兵に捕まり営倉入りとなった菅野。女性記者にちょっかいを出していた兵隊を止めに入った末の出来事らしい。左隣はその喧嘩に巻き込まれて捕まったクルピンスキー。502部隊で同僚になるけれど、先に営倉で顔合わせしてたのね。菅野のことをよく知っているようで、「扶桑の誇るエースウィッチ」とするも菅野本人はその気ではない。この前の作戦が失敗して撤退したことを悔やんでいるのがその理由だそうだ。
その作戦とはアニメ二期1話でのトラヤヌス作戦だろう絵があります。
prequel170404-.jpg
ここには なんとかって少佐に呼ばれたから来たと話したところで今度は右隣から「ラル少佐だよ」との会話が加わる。ニパだ。同じく喧嘩に巻き込まれたわけで、502部隊の誇る? ブレイクウィッチーズの三人組は図らずも営倉でも同僚だったのね。
なぜオレたちを呼んだんだ? というところでお迎えに来たサーシャが登場ですよ。
prequel170404-1.jpg
来るハズの三人を迎えに行って誰も来ない! 待てど暮らせど一人も来ず、さすがに帰ろうと思っていたらウィッチが三人も収監されたとの話が! 何枚もの書類にサインしたり、お偉いさんに手土産を持たせることでようやく通されたと聞いて、さすがの菅野も耳が痛くなるというものです。でも兵士との喧嘩は「よくやった」と意外な返事。ハレンチな男性にはやんわりとやり過ごすだけでは済まされないと、サーシャ自身も経験か何かでビシッとすべき意見だったみたいですね。
prequel170404-2.jpg
基地に着いて502部隊司令のラル少佐と初顔合わせ。この漫画でのラル少佐はアニメよりは穏やかな表情で、しかも巨乳になってました。つーか、アニメは何でいつも怒ったような顔をしてたんだろうね?? 三人は適当に選んだのではなく、適任だと判断したから呼んだ。他に理由は無いそうだ。けれど「ブレイクウィッチーズ」になろうとはさすがの少佐も想像しなかっただろうなぁ(笑)

その夜の早朝、寝ていた菅野の部屋に何かが入ってきたので目を覚ます。寒さでキツネでも迷い込んだか? と思っていたら耳元でクルピンスキーのささやきが!
prequel170404-3.jpg
これに瞬時に反応して取り乱す菅野! 夜這いに来たとでも思ったんでしょう(笑) こういう表情の菅野は珍しいからいいもん見せてもらった気がします。ストライカーが届いたとのことで慣らし運転を兼ねて早朝警備に出発。そしたらいきなりネウロイとご対面~。このまま戦闘へってところで続きとなりました。
前述しましたがこの続きはコミックニュータイプにて4月7日から始まります。
スポンサーサイト