boku170508.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問13
「10週の壁」を破ったためか、ここ数話は勉強とは関係なくラブコメ重視の傾向。まぁいいんじゃない? さすがに勉強ばかりでは読者も作者も滅入りますからね。

昨日は練習がキツくて爆睡し、遅刻ギリギリで登校してきた うるか。その為か今日が球技大会だということを忘れており、そればかりかブラまでもつけ忘れてしまった! 白い体操着ではバレることからジャージで ひとまず誤魔化します。今日は男子に近づかないようにしようと思っても、バスケの試合は男女混合。しかも相手チームに愛しの唯我が居るから最悪だ。仮病でサボろうとしたところスポーツ特待生である うるかに期待が寄せられるのは当然であって、とても休ませてもらえる雰囲気ではありません。涙目でバレないことに期待しつつ試合が始まりました。
boku170508-.jpg
うるかにボールが渡ったことで相手チームは警戒。突進してきたらとても止められないからだ。でも うるかにとっては警戒されて見られていることが恥ずかしいったらありゃしない! ノーブラがバレないかとそれどころではありません。この隙にボールを取られて失点される失態を犯してしまいます。

気を引き締めて今度は速攻で攻めることに。これならバレる心配も少ないからだ。けれどゴール前には唯我が待っていた!
boku170508-1.jpg
シュートしようとボールを持ち上げたら胸が当たってフリーズ状態に! 今度はトラベリングで相手ボールになってしまいました。こんな調子で うるかのチームは前半戦で大量失点してしまいます。
明らかにいつもと違う状態なことから唯我も心配して励ましたところ、どういうわけだか「好きだぜ」と勝手に脳内変換。後半戦はハイテンションで点数を重ねて一気に同点へ。そして残り30秒で唯我とボールの奪い合いに。
boku170508-2.jpg
あるあるwww この手のラブコメではお約束だね
こぼれたボールは古橋さんが拾ってシュート。うるかのチームの勝ちで決着しました。勝ったけれどよりによって 唯我にバレた? と気が気でなりません。
boku170508-3.jpg
やっぱバレたーー! でも「ウチの妹も家じゃそんなカンジだから…」って、中学生の水希ちゃんそうなの? 本人が聞いたら「余計なこと言うな」と絶対怒るから黙っておこうね。
それとコミックス1巻が6月2日発売決定。ヒロイン3人が表紙だそうですよ。
スポンサーサイト