boku170731.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問25
8月4日にコミックス2巻が発売されます。1巻では7話収録だったことから2巻は14話までかな。その14話は唯我と緒方さんがキスしてしまう話なので丁度いいヒキ具合でしょう。ちなみに21話は うるかが風呂場で生配信してしまうアレね。

水泳のタイムが落ちていると聞かされる うるか。先生は「勉強も頑張ってるから仕方ない」とするも うるかとしては納得してないらしく、練習にますます入れ込みます。
boku170731-.jpg
その一方で勉強にも手を抜かず、復習ができていると唯我に褒められて うるかは大喜び。ましてや「優勝目指して頑張れよ! 応援してるからな!」と言われちゃ満点の笑顔で返すしかないよね!
水泳に・勉強に大回転の うるか。頑張った甲斐があって タイムは復調どころか新記録も狙えるペースに。でもこの頑張りを友達の川瀬は危惧していた。ペース管理が苦手なことをよく知っているからだ。
boku170731-1.jpg
それでも うるかは止まらないらしい。「勉強がんばったからタイム落ちた」なんてこと唯我が知ったら心配すると思うから…。なんだ、結局は唯我のために文武両道を貫いてるのか。そこまで愛されてる唯我は果報者だね、こりゃ。
けれど危惧していたことが現実化してしまう。オーバーペースが祟って倒れてしまったのだ! 唯我は保健室のベッドに運び、体調を崩しかけていたことに気付けなかったことを悔やむ。
boku170731-2.jpg
その際、ふと抱きしめられて驚くばかりか「なりゆき」と言われてフリーズしてしまう唯我。恐らく頭の中では「なんで俺の名を?」とか思ってるんでしょう。いい加減 気付けよ!
離れようとしても心の片隅では「このままでいい」なんて思っていただろう矢先、水泳部のメンバーが大挙してやって来たことから慌ててベッドの下に隠れます。まるで問15にて女風呂のサウナの椅子の下に隠れた再現ですな。そこで うるかの好きな相手についてのガールズトークが始まり…
boku170731-3.jpg
その相手が自分だと知ることに──
緒方さんとは事故的なキスに過ぎず、少なくとも唯我の気持ちはありません。でも今回のは後輩からとはいえ うるかの気持ちを伝えられたわけで、唯我は決断を迫られるかもしれませんね。
来週号は本編と、うるかとの出会いを描いた番外編との二本立て。こりゃ楽しみだ。
ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版
ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト