hayame170817.jpg
『ヤングキングアワーズ』連載、「はやめブラストギア」の3巻です。
失踪した父親の行方を知る手掛かりは「オーメストグランデ」という自転車メーカーのパーツ。これを集めるために邪魔あり・妨害ありの危険なロードレース「デストライド」に挑む円城寺はやめ の活躍の物語。
「オーメストグランデ」は実在する自転車メーカーで、作者も一枚噛んでることから宣伝漫画とも思えたりして。

前半の相手は神奈川県相模原市の和田峠をホームとしている夜叉王。名前からしておっかないと思ったら超美人。はやめも顔を赤くするほどなんです。
hayame170817-.jpg
性格も良さそうで 若くしてデストライドに身を投じた はやめには、よほどの事情があるのだろうと感情が高ぶってハグします。が、これで夜叉王は気が付いてしまった。まだ若いのにその筋肉・その鼓動はすばらしい。これでまだ発展途上だなんて、この先 どこまで登りつめるのかしら…。
妬ましい! 妬ましい! 妬ましい! 妬ましい!
と、豹変した姿が上の画像の前後の比較。ホントに全くの別人になってしまいました。

実は過去に男にコテンパンに負かされたことがあり、悔しさで連日 峠を登って体力・気力を高めていった。結果、夜叉王と呼ばれるまでに成長したけれど、その原動力は嫉妬心。これが暴走して周囲もはばからないほどに変貌することで、驚異的なパワーを生み出すのだ。

当漫画を読んでる人で和田峠を登った人はほぼ居ないでしょうが、とてもキツイ坂みたいですね。はやめもその坂に苦戦するも何とか離されずに ついていく。けれど濃霧により視界はほぼゼロ。こんな状態で どうするのかと思ったら…そんなことできるの?
信じられない方法で斬りの中を突っ切って勝利する はやめ。
hayame170817-1.jpg
はやめの純粋に決して諦めない心が、嫉妬心に覆われた夜叉王を浄化。まさしく憑き物が取れた最高の笑顔で勝者を称えるのでした。勝負が終わればノーサイドな精神はいいですねー。

後半は忍者王との"エンデューロ"。決められた周回コースを〇時間走ってどちらが多く回ったかを競うルール。今回は3時間で、はやめにとっては初のエンデューロ。今まで主に峠ばかりだったけれど、これは同じコースを繰り返すスタミナがものを言います。
忍者らしく マキビシのようにチャッターバー(反射材の出っ張り)を出現させるのは まだいい。
hayame170817-2.jpg
分身の術と言いながら、同じ姿の別人を何人も走らせることで道を塞ぎ、前に出られないようにしやがった! きたないと罵る はやめだけれどこのままでは差がつくばかり。
ところがここで思わぬ助っ人が参上~~!
まさかコイツが!? 誰もがこの登場に驚くことだろう(1巻読んでないとわかりません)。
hayame170817-3.jpg
実はこの3巻、こういう助っ人の活躍が目立つのです。上の画像は夜叉王との一戦の帰り道でのこと。全力を出し切った はやめを狙って各地の王が勢揃い。絶対に勝てるわけがない状況に、仲間の死神王・姫王・牙狼王の三人が怒りを持って返り討ちにするところ。こういった友情パワーを見るとこっちも元気が湧いてきますよ。
はやめブラストギア 3巻 (ヤングキングコミックス)
はやめブラストギア 3巻 (ヤングキングコミックス)
スポンサーサイト