shin170824.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第18話
学生運動を排除したい右翼の関東豪学蓮は、男塾を傘下に収めたいとするも江田島は拒絶。ならばと拳銃を撃ってきたが、江田島は歯で受け止めた! そもそも江田島の頭を拳銃や日本刀で斬りつけても傷一つつかないのだから、歯で受け止めるぐらい造作もないんだろうな。交渉人の鷹山を頭突き一発でダウンさせて追い返してやりました。
shin170824-.jpg
それよりも男塾はいま、火急の危機にありました。それはお金。いつの間にか資金が底をついており、そこに少年院生全員を塾生にしたことから食べるものにも困る状態。いったいどうすりゃいいんだ?

そんなタイミングで今度来たのは、政府を倒そうとする左翼の学生運動のリーダー・鳩野寿。何やら相談があるようだ。
shin170824-1.jpg
それは三億円強奪! 大手家電会社の社長の不正蓄財で、銀行に溜め込んであったものを回収して海外に高飛びをしようとしている。これは悪人の汚れた金であり、奪ったところで犯罪とは言わない。取り分は折半するとして迫ります。
江田島はもちろん今度も断ろうとするも、暗屯子が許しません。その金があれば男塾は安泰。これは盗みでなく天誅であり、天が与えし正義への報酬だとして引こうとしません。

そして昭和43年12月10日。計画の実行日が来ました。
shin170824-2.jpg
鳩野の用意した警官の服装と白バイに乗り、現金輸送車を止めにかかる。そう、かの三億円事件です。江田島が犯人だったとは! 鳩野の表情からしてこれは罠。ハメることで左翼に飲み込ませるつもりのようだ。それに気付かず本当に実行してしまうのだろうか!?

物語の正確な年月日が判明。昭和43年かよ! 建設中だった東京タワーの完成が昭和33年なので、いつの間にか10年も過ぎていたことになるけど? つーか、「魁!!男塾」が始まったのは昭和60年。当初は「男塾300年の歴史」とか言っておいて、実際には創設17年しか経ってないことになるとはね!
スポンサーサイト