sakura170901.jpg
『なかよし』連載、「カードキャプターさくら クリアカード編」の15話
雪兎と桃矢がバイトしてる洋菓子店に来た さくら。雪兎が焼き菓子をくれるというので裏口に回ったら…『聖闘士星矢』の12宮のような、階段の道の世界が広がっていた。もちろんカードの仕業に違いなく、雪兎は月(ユエ)となって矢を放つ。この世界がどこまで続いているのか確かめたいからだ。

そしたらある程度を基点に矢が後ろから飛んできた! 空間がループしてる証拠です。となると 闇雲に歩いたところで元の地点に戻って来てしまうのは明らか。いったいどうすれば?
そしたら さくらが不思議な感覚で「…わかる」。指差す方向に歩いて行ってしまうのが上の画像です。まるで何かに憑りつかれたみたいだ。

しばらく歩いたら出口?の門が立っていた。さくらは杖を取り出し、門をくぐって振り返るや固着(セキュア)!
sakura170901-.jpg
門は新たなカード「迷宮 -LABYRINTH-」へと姿を変えた。何かアッサリしすぎるほどに楽にゲットしちゃったよ。ケロちゃんから「なぜ出口の場所がわかったのか」訊かれ、「…なんでだろ でも「違う」って…」と、本人自身がよくわかってません。ひょっとして誰かに操られていたとか? 門のある場所まで無言で、無機質的な態度をしてたからなぁ。

その後、さくらは小狼と遭遇。夕飯を一緒にどうかと誘うも、海渡さんに声を掛けられた。
sakura170901-1.jpg
小狼と海渡さんは初めての邂逅。小狼は何か思うところがあったようで さくらの誘いをキャンセル。家に帰ってエリオルと連絡を取った。間違いなく魔力を感じたからだ!
名前は「ユナ・D・海渡」と聞かされるもエリオルは存じない。しかし「D」については知ってるようで、イギリスの ある魔法協会で最高の魔術師に与えられる"名"だそうだ。まさか魔術師が身分がわかってしまう名前を堂々と名乗るか? いや、バレたところで構わないほどの強力な魔術を使えるのでは? 考えが錯綜する──

エリオルは更に小狼だけが魔力を感じたことに言及。
sakura170901-3.jpg
海渡さんも「月(ユエ)」の魔力を持っているのだろう。その場合、同じ力を源にしてるから厄介かもしれないということだ。
またエリオルが住んでいた家に住んでることも偶然でない。あそこは力あるものを保管するのにとてもいい場所。それをわかって借りてるに違いない──

一気に海渡さんへの疑惑が噴出した今回。いったい何をやろうとしているのだ?
DVD付き カードキャプターさくら クリアカード編 (3) 特装版 (講談社キャラクターズライツ)
DVD付き カードキャプターさくら クリアカード編 (3) 特装版 (講談社キャラクターズライツ) 9月13日発売
カードキャプターさくら クリアカード編(3) (KCデラックス なかよし) 9月13日発売
カードキャプターさくら クリアカード編(3) (なかよしコミックス) Kindle版 9月13日発売
スポンサーサイト