shin171009.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第21話
コミックス2巻が今月28日に発売と、上のトビラ絵に表紙が載ってますが前回のカラーのトビラ絵そのまんまじゃん! 1巻の表紙といい、もう描き下ろしで描く気が無いのかなぁ。

「これが三億円の正体です」と鳩野がトランクを開けて見せたのは、閃光を放つ禍々(まがまが)しい黒い石だった。これは凄まじい超電磁浪を放つ「サン・オーケン」という特殊な魔石とのこと。超電磁波を長く浴びるのは危険だとして、トランクを閉めてから鳩野は語り出す…

この昭和43年当時はベトナム戦争の真っ最中。米軍はこの石を使っての新兵器を完成させて戦争に投入するつもりだ。けれど完全に解析できる能力が米国には無い。そこで日本には電子レンジで名を馳せた電磁波研究の第一人者が居ることから、日本に届けられたという。その第一人者とは鳩野の父親。新兵器を造られたら犠牲になるのは弱い者たちばかり。それが許せないことから、運ばれる前に強奪を依頼したというわけだ。
shin171009-1.jpg
それ程のモノを奪われたら必ず取り返しに来るのは間違いない。でもこの石はどんなに爆破や衝撃を与えても破壊不可能。ならば深海に投じたとしても、超電磁波を発するが故に場所がわかってしまうだろう。そこで不可能を可能にする江田島の力を借りたくて接触したというわけ。この石をこの世から消滅して下さいと土下座する鳩野。この気持ちを汲んだ江田島は承諾し、万丈丸もまた平和のためなら右翼も左翼も関係ないと 行動を共にすることに──

そして鳩野の砦という安田講堂へ移動。学生たちが実際にここを占拠したのは三億円事件から一ヶ月ちょっと後のことだけれど、まぁ同じ時期ということでパス。江田島は刀を目いっぱい振り下ろすも折れてしまい、改めて固さを実感。魔石のエネルギーがこれ程とは…ならば! 石を前にして目を閉じて座り続けます。
shin171009-2.jpg
もう何度もやっているけれど「氣を練っている」わけですね。しかも今回は一昼夜以上とは、過去最高の練度です。そのためか口から鼻から耳からも血が溢れ出し、髪も白くなってきました。
そんな折、夜中に機動隊が突入してきましたよ!? でも何かおかしい。弁髪の者が居るし、ヌンチャクも使ってる者も居る。よく見ればその一人は、三億円(実際は魔石)を護衛していた中国拳法の陳 王烈だった。そう、石を取り返すべく機動隊に扮して突入してきたのだ。
shin171009-3.jpg
一方、「氣は熟せり!!」と江田島のエネルギーチャージは完了。けれど髪が全て抜けてしまいました。塾長のスキンヘッドは年齢によるものではなく、氣を練った果ての代償だったわけですね。そして刀や弾丸さえも跳ね返す、超硬度の頭を使っての頭突きを振り下ろす! この渾身の一撃はいったい!?
男塾外伝 大豪院邪鬼 ( 4) (ニチブンコミックス)男塾外伝 伊達臣人 ( 5) (ニチブンコミックス)
男塾外伝 大豪院邪鬼 ( 4) (ニチブンコミックス)10月19日発売
男塾外伝 伊達臣人 ( 5) (ニチブンコミックス)11月9日発売
真!!男塾 ( 2) (ニチブンコミックス)10月28日発売
男塾外伝 紅!!女塾 ( 5) (ニチブンコミックス)10月28日発売
スポンサーサイト