uq171023.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問36
夜も7時半になろうという時に緒方さんからボスケテ タスケテのコール! 妹の水希のお風呂の誘いを断って(ちょっと違う)自転車を飛ばす唯我。いったい何があったかと思ったら、ホラー映画を観て怖くなったということだけ。今日は両親が町内会の会合で居ないから助けを呼んだんだね。

でも恐怖心は依然として継続中。風で窓がガタガタ鳴っただけで擦りおろしていたトロロを頭から被ってしまう動揺ぶりなんです。
uq171023-.jpg
そこでお風呂ターイム! 身長143cmでありながら推定Fカップのプロポーションは"ロケットおっぱい"なんだろうな。この角度からじゃよくわからないけど。でもこの光景を すりガラスごしにうっすら見てしまう唯我はなんてうらやましいヤツなんだ! とはいえ背徳感にさいなまれ目を閉じ耳を塞ぐとはなんてもったいないヤツなんだ! そこはすりガラスにくっついて"心の目"を開いて透視するべきだろうがよっ!
uq171023-1.jpg
そこに現れた「緒方さん大好き」関城さん! 更にバスタオル一枚だけの緒方さん! もうどうすりゃいいのよ。関城さんは唯我と同じくタスケテコールを もらったので一目散にやって来たそうだけど、風呂場の前に居る唯我を見て「そういう関係だったの」と思うのは当然のことだよね。もっとも誤解を解くよう説明したけど、どこまで信じてくれるのやら。

でも唯我成幸のΨ難はまだ続く。テレビをつけたら恐怖映像をやっていたので緒方さんは唯我に抱き着いた。それだけなら災難どころかFカップが当たってラッキーだけれど、このタイミングでまたこれだよ。
uq171023-2.jpg
古橋さんと うるかもやって来たー!
そりゃ関城さんにコールするぐらいだから、この二人にもするのは当たり前だよね。古橋さんはアイコンタクトで事情を訊きます。だってこの光景を うるかが見たら卒倒するほどショックを受けるでしょうから。事情を知って"貸し"を作る格好で、うるかに見せないまま後にした古橋さんはナイスリカバリーです。

時間も遅くなり そろそろ帰るとしたら「布団はある」と緒方さん。ええっと…それは一晩過ごせということだよね。風呂場の件といい、恐怖のあまりに羞恥心が無くなってるんだろうな。さすがにソレはマズいとして寝るまで一緒に居ることにしました。
が、突如 抱き着いてきました。これはOKという意味なのか!?
uq171023-3.jpg
いえ、寝ぼけてただけでした。何て紛らわしい! しかもこのタイミングで親バカな父親が帰ってきたものだから一転して修羅場へ。翌日、目覚めた緒方さんが見たのは つばぜり合いの真っ最中だった唯我と父親。一晩中こうやっていたとは二人とも力余ってるなぁ、って言ってる場合じゃないか。
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
スポンサーサイト