新日の真夏を焦がす試合がG1クライマックスならば、真冬の年間最大最高の興行がレッスルキングダム! 今年も1・4の東京ドームで開催です。CSのテレ朝チャンネルでは17時から放送開始。アンバサダーの松井珠理奈による「みんなでプロレス イッテンヨン」の掛け声で第1試合が始まりました。もっとも第0試合は放送開始前にやったんだけどね
第0試合 1分時間差バトルロイヤル ~ニュージャパンランボー~
 勝者 垣原賢人
UWFのテーマで登場し勝利。リングを降りる際に入院している高山のテーマで去る活きな演出を見せたそうです。

第1試合 IWGPジュニアタッグ選手権
 ×YOH、SHO vs マット、○ニック
マット&ニックのヤングバックスが勝利して返り咲く

第2試合 NEVER6人タッグ・ガントレットマッチ
 ファレ、×タマ、ロア vs 矢野、石井、○バレッタ
CHAOS(ケイオス)が勝ち残り、そのままチャンピオンチームにも勝利。バレッタ一人だけで勝ってしまいました。

第3試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ
 ○飯伏幸太 vs ×cody

イケメン対決はスピーディーな展開。飯伏がリング外へダイブした際、codyの奥さんであるブランディを巻き込んでしまい、責任感から介抱。その際、codyが攻撃を加えたので落としてしまうカオスな展開に。

第4試合 IWGPタッグ選手権
 アーチャー、×スミスJr. vs EVIL、○SANADA
SANADAが勝利してベルトを奪取。メインイベントの内藤も続けるか?

第5試合 60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合 敗者髪切り&ノーセコンド・デスマッチ
 ×鈴木みのる vs ○後藤洋央紀
ノーセコンドなのに鈴木軍が乱入しようとし、それをヤングライオンたちが制止する場面あり。鈴木が負けた後、鈴木軍が髪切りさせまいと退場させようとするも、鈴木 自らがリングに戻って自ら髪を切りました。

第6試合 IWGPジュニア選手権
 ×マーティ・スカル vs KUSHIDA vs 高橋ヒロム vs ○ウィル・オスプレイ
四人が入り乱れるスピーディーな展開に目を全く離せない状態。個人的にここまでのベストバウトでした。

第7試合 60分1本勝負 IWGPインターコンチネンタル選手権試合
 ○棚橋弘至 vs ×ジェイ・ホワイト
棚橋は例によってギリギリの勝利という感じで、第6試合よりしょっぱい感じがしたね。

第8試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅠ IWGP USヘビー級選手権試合 ノーDQマッチ
 ○ケニー・オメガ vs ×クリス・ジェリコ
反則負けが無い試合で壮絶な展開に。中でも英語中継の放送席を破壊してアナウンサーをダウンさせたのは海外ファンからすればファンタスティックだったことだろう。

第9試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合
 ○オカダ・カズチカ vs ×内藤哲也
テレ朝チャンネルでは途中で放送終了の時間が来て、このまま終わったらかなりのブーイングものだったけれど延長になったので安泰。内藤の入場には大声援が起こり、確実にオカダ以上。また試合中も終始「内藤!」の声が上がってました。両者全く引かない状況でオカダのレインメーカーが炸裂! そのままフォール勝ちとなりました。これで防衛記録が橋本と並んだわけで、このままなら新記録は間違いないか?
スポンサーサイト