darling180202.jpg
『少年ジャンプ+』連載、「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の1巻です。
現在放送中の人気アニメのコミカライズを矢吹健太朗が担当。ってことは裸が出ることを前提にしてるに違いない。よくアニメサイドがOKしたものだと思わずにいられないよ。

超簡単にストーリーを説明すると遠い未来、「叫竜(きょりゅう)」と呼ばれる巨大生命体の登場に人類は脅かされていた。それに対抗すべく天才科学者集団・APE(エイプ)は人型ロボット「FRANXX(フランクス)」を開発。これは男女一組で動かすことのできる兵器で、乗れるのはコドモたちだけだ。

主人公のヒロはかつては操縦者候補のリーダーとして活躍していたけれど、今は不適格者となった身分。居場所を無くしたことに失意し もどかしく思ってます。そんなヒロの前に突如全裸の少女が現れた!
darling180202-.jpg
彼女こそヒロインとなるゼロツー。エリートパイロットであり、ツノが生えているのは叫竜の血を引いているからです。初めて見る女性の裸に戸惑うヒロ。操縦者候補生は純粋培養的な環境で育っているので、性教育的なことはわからないようだ。
ゼロツーは「君の能力はたぶんまだ眠っているだけ」「ボクなら引き出してあげられる」と言い、パートナーになることを期待しつつ分かれることに。

その後、候補者の入団式の最中に叫竜が出現。危機迫る中、立ち向かったのはゼロツーの乗るFRANXXでした。パートナーは傷つき倒れても一人で動かすつもりらしい。
darling180202-1.jpg
失格者の烙印を押されて居場所を無くしたヒロ。ツノがあるため蔑視される存在のゼロツー。ヒロは互いの境遇を重ね、今のままなら死んでるのと変わらない。だったら死ぬかもしれないけれど俺を乗せてくれと懇願します。その意を酌みゼロツーはヒロを新しいパートナーとして迎えるのでした。
darling180202-2.jpg
こうして起動したFRANXXは先ほどとは全く違う変わりよう。瞬く間に叫竜を倒してしまいます。倒したはいいものの、ヒロは操縦していた記憶がありません。本当にボクが操縦していたのか?
ゼロツーはこれ以来、ヒロのことを「ダーリン」と呼ぶようになるのですが、これを良しとしない人が居ました。密かに思いを寄せるイチゴです。つまりヤキモチですわ。ヒロは戦果を上げたことで模擬戦を行うことになり、そのパートナーの座をイチゴが就くことに。
darling180202-3.jpg
いわばこの模擬戦は敗者復活戦。好成績を残せばヒロへの対応も変わって来るので、何としてもヒロを活躍させたいと意気込むイチゴ。で、これがFRANXXの操縦席。何ともエッチな姿勢(体位)ですが、純粋培養な彼らたちは何とも思ってません。それがかえって読書にあらぬ考えを植え付けていたりしてね。

基本、アニメのストーリーをそのまんま。でもアニメでは放送できない部分を矢吹氏が補ってくれるので(特に裸)フォローはバッチリだ!
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックス)
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックス)
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
スポンサーサイト