shin180203.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第29話
相撲対決はカッパが勝利! しかし頭のサラが割れてしまい死は確実…。「カッパーーッ!!」と叫びながら抱き起こす江田島だけれど、誰も本名の「春日井」とは言わないのね。
shin180203-.jpg
おのれ岸田め と、江田島の怒りは頂点に達し「死ねいっ!!」と殴りかかる。でもちょっと待ってよ。サラが割れたのは寿命が来たからであって、総理が殺したわけじゃないよ? また総理にしたって「貴様が憎いんじゃない 貴様の親父が憎かっただけ」ならば、どうして男塾を燃やしたり平八を殺そうとしたの? 二人とも会話が成り立ってないよ!

それを止めたのは例の謎の爺さん。まだカッパは死んでないそうだ。
shin180203-1.jpg
カッパのサラには復元力があり、割れたサラの破片を集めれば復活できるとのこと。工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 そんなので生き返るの?? だって27話の説明では頭のサラは生体電池って言ってたじゃん。それをただ「破片を集めるだけ」で電池の容量が元通りになるなんて信じられないんですけど!
あ、この漫画に常識があればの話だからこれでいいのか? これでいいのだ!

爺さんの話はまだ続き、今度は岸田総理について。江田島の父親・國義を憎んでいるのは逆恨みとのこと。恥をかかされた岸田はその悔しさをバネに一国の宰相にまで登り詰めた。國義は岸田の将来を見据えていたからこそ、あえて恥をかかせたというのだ。事実を知って愕然とする総理です。

サラの破片を集めたけれど、どうしても 一つ見つからない。いったいどこに飛んで行った? 塾生全員で捜す中、見つけたのは総理。それを素直に江田島に渡します。少年院生への恩赦もつけて。積年の恨みは完全とは言わないけれど雲散霧消したようだ。
shin180203-2.jpg
破片の最後の一つをはめ込んで活を入れた江田島。そしたらカッパは見事に復活! 出来過ぎる気はするけどこの章を終えるには相応しいやり方かな。そして謎の爺さんですが…
shin180203-3.jpg
どうやら「担げずの御輿」の御本尊だった模様。でも今さら驚かないぞ。そんな傾向あったし。
スポンサーサイト