geki180405.jpg
『漫画ゴラク』連載、「激マン! Z & グレート編」 の9話
ジャンボマシンダーや超合金など、数多くの玩具をヒットさせたマジンガー。ポピー以外からもタカラの「変身サイボーグ1号」にて着せ替えのマジンガーもあったっけ。もう出せるものは出し尽くした、だから新しいマジンガーを作ってくれとの要望に激はしぶしぶ了解します。スポンサーあってこそのアニメなので断れませんからね。

もっとZでいきたかったけれどこれも運命! そしてもっとすごいマジンガーを作るとしていきなりアイデアが浮かびます。
geki180405-.jpg
甲児の父親・兜剣造博士がサイボーグとなって生きており、もっと強いマジンガーを作っていたとのこと。はい、それは「激マン! マジンガーZの章」4話にそのフリが描かれてます。
激マン! マジンガーZの章 タイトルが「マジンガーZ」になって物語が動き始める
マジンガーの描き直しにおいて元原作ではシローしか描いてないものが、描き直しでは何か言いたげな十蔵博士が追加。これは父親は実は生きているのだけれど、言いたくても言えない心理を表してたのですね。
また父親が生きていたことで「鉄也にとって育ての親」で、「甲児にとっては産みの親」。この関係でギクシャクしてしまったのは思わぬ好効果だと私は判断します。そういうドラマ性も必要ですって。
geki180405-1.jpg
そして最終回のあの場面は激が望んだものでした。だからこそグレートマジンガーが颯爽と現れたシーンがカッコよく見えたというわけ。
geki180405-2.jpg
こうしてグレートマジンガーが生まれたわけですが、この時期は多忙すぎてウラ話を語るほどのエピソードは憶えていない。だから今回で終了とのこと。憶えてない!? ならばこの2・3年内にあった鋼鉄ジーグやグレンダイザーとかも無理ですか。今後描けるとしたらバイオレンスジャックぐらい? でもこれは私が読んでなかったので何の思い入れも無く、スルーしそう。うーん、もう「激マン!」シリーズはこれで終了になっちゃうのかなぁ。お疲れ様でした。
スポンサーサイト