uq180508.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.148 運命の分かれ道
前回はチャチャゼロ無双によるおちゃらけや、刀太の出生経緯が描かれるなど 浮かれた場面が多かったのに対して、今回は一転してシリアスそのもの。なぜ「魔法先生ネギま!」と「UQ HOLDER!」とでストーリーが違うのか、サブタイトル通りに"運命の分かれ道"が描かれてます。

と、その前に今回の「進撃の巨人」でショック! アニメでお馴染みのあのキャラがお亡くなりになってしまった~!! けっこう好きだったのになぁ。7月からのアニメ三期でせめて応援してあげたいなと。

チャチャゼロの記憶により「UQ HOLDER!」での「ネギま!」時代が判明します。つまり明日菜が「カシオペア」を使って戻ってこなかった、明日菜のいない世界です。それはStage.137での、のどかと夕映の告白シーンから違ってます。
UQ HOLDER! Stage.137 これが並行世界! ネギま!のその後が語られる
はい、上の画像にて左上が今回の「明日菜のいない世界」。右下がStage.137の「明日菜がいる世界」。手っ取り早く言うと「パートナーになってください」と「つき合ってください」の違いだね。「つき合ってください」は将来の結婚を考えてのことだろうけれど、「パートナーになってください」はそれよりも一歩引いた感じでしょう。

明日菜がいないことからネギの進む道は厳しいものになっている。故に二人もパートナーとなって支えてあげたいという気持ちから、こう変化したんじゃないだろうか。また明日菜がいない心境の変化から、ネギは千雨との結婚をしないで良きアドバイサーで止まってるそうだ。一人がいないとこうも変わって来るとは いわゆる「バタフライ効果」てことですな。
uq180508-.jpg
で、両者を比べるということで こちらが「ネギま!」におけるその後。ヨルダを討伐して2014年に魔法の存在を公開し、明るい未来となってます。
uq180508-1.jpg
そしてこちらが「UQ HOLDER!」における現代。ヨルダの討伐は敵わずテロや紛争は増加。貧富の格差の拡大など、生きにくい状態になってます。そのヨルダ討伐ですがStage.140の「明日菜のいる世界」では見事に果たしてます。
UQ HOLDER! Stage.140 ヨルダとの総力戦が決着!そしてネギと千雨は…

でもここではネギの一撃がヨルダの身体を貫いても健在。やはり小惑星アガルタから供給される無尽蔵な魔力を、明日菜の能力で断てなかったのが原因です。
uq180508-2.jpg
それどころかネギを救おうとして のどかと夕映が捕まり、更にラカンとクウネルまで捕縛されてしまう。あぁ、これがヨルダ側につくことになった理由なのね。だから のどかと夕映はこの当時の若さを保ってると。
uq180508-3.jpg
ネギの不幸はまだ続く。ネギを庇って千雨まで死亡してたとは…。ネギやフェイトたちは無念の撤退を。その後、打ちひしがれたネギはエヴァのもとへ。
uq180508-4.jpg
心なしかエヴァが薄着。えぇ、傷心のネギを慰めるためにそういう関係になったところで驚きやしません。ネギもすっかり大人なのだから。でもこのネギもやがてヨルダの憑代になるわけで、次回はそれが描かれるのか!? ならば次回も鬱な話しになるなぁ。
UQ HOLDER!(17) DVD付き限定版
UQ HOLDER!(17) 通常版: 週刊少年マガジン 共に6月8日発売
スポンサーサイト