rail180526.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第105話
館内に入る前にプログラムを変更させていた警備ロボが到着し形勢逆転。そのままボディーガードとなって美琴たちは囚人役が居る独房を目指します。その頃、屍喰部隊のリーダーは悩んでいた。自分たちがやろうとしているのは囚人の奪取。すなわち美琴が連れて来るだろう囚人を奪うことに「怒るかな」「嫌われるかも」と考えており、美琴に嫌われたくないのは確実だ。

一方通行から失禁&失神させられた苦い経験から「レベル5とは関係を持ちたくない」としていたハズなのに、美琴とはいつしか友情というか友達意識を持つようになっていたのね。読者としては嬉しいよ。今後も付かず離れずの関係での出演に期待します。
rail180526-.jpg
美琴たちが進むうちに婚后さんたちと合流。着ているのは婚后財閥が制作した吸収材スーツ。電波等を吸収して跳ね返さないので、各種センサーを誤魔化せる優れものだそうだ。美琴たちの分も持って来たと差し出されるも、やんわりと断ります。競争と言った手前、競争相手からの施しは受けられないといった"もっともらしい理由"を述べるも真実は↓です。
rail180526-1.jpg
湾内さん・泡浮さんの大きなバストに目が点になっちゃってます。これを着たら身体の輪郭がバッチリ出ちゃう! つまりバストを見比べられるのはイヤという本心が、その発言を引き出したというわけですな!

そして遂に最終地点である、囚人役の独房に到着。所長は帰り道こそ真の恐ろしさを見せてやると意気を上げるのですが…あれ? 扉が開いてない? 美琴たちが確認しても誰もいない。既に誰かが連れ去った後だ。監視カメラには依然として囚人役が座ってるってことは…監視システムをハッキングされたってこと!? そんなこと出来るなんて美琴以外に誰が…いや、いました!
rail180526-2.jpg
初春が囚人役を連れて正面門から堂々と脱出ーっ!
響き渡る「トライアル終了」のコール。これに驚きの声を上げる一同ですが、これは読者にとっても同じこと。まさかこんな終り方だとは誰もが思わなかったことだろうね。
初春の手順はこうです。外堀の時点で壊された警備ロボからプログラムを取得&ハッキング。仲間の警備ロボをタクシー代わりに乗って堂々と侵入し、囚人役を連れて堂々と出て行ったというわけ。もちろん監視カメラには映らないよう処理していたわけで、高度なハッキングテクニックだったことが伺えます。
rail180526-3.jpg
賞金の10奥円は あすなろ園に全額寄付すると言われ、佐天さんは信じられないといった表情。まぁそりゃそうだよな。ここは佐天さんが正常な判断と言えるだろう。初春は欲の無い聖人だったのですね!
rail180526-4.jpg
いや違った! その程度のお金などいつでもハッキングして手に入るという自信の表れでしたー。これに引いてしまう佐天さんと黒子。取り出した手錠を初春にハメる日は そんなに遠くではなさそうだ!?

結局、はわわちゃん(仮名)とか甲賀のクノイチの近江さんとかはどうなったんだろうね? ハシラにあるように「もうちょっとだけ続く」のならこの顛末が描かれそうな気がします。
スポンサーサイト