touzima180630.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の3話
ショッカー好きが高じてヤクザになった男は、今日も子分に目出し帽を被らせてコンビニに「ショッカー強盗」に入る。店内ではユーチューバーが"10万円でどれだけ買えるか?"の生配信をやっていたのですが、事件現場を目の当たりにしてタイトルを急遽「ショッカー強盗ライブ」に変更。そしたら視聴者数の伸びが半端なく、ヨフーニュースの速報にも上がる勢いで内心では大喜びさっ!

これを見て現場に急ぐ東島とユリコ。途中で出くわした二人は互いに「どこかで会ったような…」と不審顔。そりゃ素顔はまだ見せてなかったので、わからないのも当然か。
でも その頃の店内では思いもしないことが起きていた。とある青年が「迷惑だ」とショッカー強盗を止めに入ったのだ。もちろん止めようとしない強盗たち。そしたら青年は手を下ろすや、瞬時に変身した!
touzima180630-.jpg
その姿、その掛け声、それは間違いなく本物のショッカー戦闘員だった!
「しっかりと聴いておけ…本物の鳴(こえ)を…」と言うや、改めて「イーーーーッ」との甲高い鳴(こえ)と共に強烈なパンチを繰り出して、子分は失神KOさ! ヤクザは好きだった本物の戦闘員に会えて嬉し泣きするも、"やかましい"と言わんばかりに蹴りの一撃で同じくKO。そりゃ偽物ショッカーなんだから、本物が怒るのも無理ないね。

そして到着した二人。店の前で互いの正体を知り、先のことでちょい口論。でも戦闘員を前にして今度は東島が泣き始めた。敵とはいえ存在しないと思っていたものが存在したのだから、感情的にクるものがあったのでしょう。戦闘員は東島のパンチを両手で受け、お返しのパンチをあえて食らった東島。
touzima180630-1.jpg
        ま…本物(マジ)だ!!!!
強さからして本物の戦闘員だと確信。ユリコがドラゴンスープレックス(もどき)を繰り出した後で東島がライダーキックを命中させて、図らずも連携ブレーで勝利します。でもここまでならまだ良かった。ライダーごっこで済んでいたのだから。
touzima180630-2.jpg
謎の男が「ただの人間が戦闘員を倒すとはね」と近づいてきた。手にしているのは…ユーチューバーだった男の溶けた肉片です。男の口が開いたら肉食獣のような禍々しい歯が並んでおり、トゲが発射されて戦闘員に突き刺さる。そしたら溶けて消えていくではないか! ユーチューバーもこのように溶かされたのだろう。
touzima180630-3.jpg
「あんまり消すと面倒だからな」と言うや、外に消えた男。日常の中に突如 非日常が出現したことで東島とユリコは動けませんでした。そして叫ぶショッカーと。ショッカーが実在したことに物語は大きく加速することだろう!
スポンサーサイト