boku180604.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問65
学園祭でうどん100人前を発注したつもりが1000人前届いてしまい、途方に暮れる緒方さん。けれどクラスが違うのに唯我が呼び込みを手伝ってくれるので泣き言なんて言ってられません。やれることはやろうと二刀流でうどんを 茹で上げます。
呼び込みだけでは不十分だとチラシを配りながら宣伝に回る唯我。
boku180604-.jpg
そこで会ったのは水泳部の海原と川瀬。どうやら水泳部の出し物は日曜の朝にやってる「魔法少女フルピュア」のライブステージのようだ。前回 うるかが来ないでと言っていたのは恥ずかしいからだったのですね。ちなみに うるかは問10の商店街のイベントにて入手したステッキをきっかけに、フルピュアが好きになったとのこと。
ぼくたちは勉強ができない 問10 お姫様だっこで うるかは唯我に迫れたか?

でも肝心の うるかの分のコスが別の何処かに届けられたみたいでちょっと寂し気。フルピュアファンとしてはちゃんと3色揃ってないのは納得いかないようだ。そこで唯我は うどんのチラシを配りながら、フルピュアのコスも探すことに。そこで屋上で見たという話しを頼りに行ってみたら…
boku180604-1.jpg
     先生がノリノリだぁー!(笑)
ポーズをとってるってことはフルピュアを知ってるってことだよね。密かに観ていたと察します。
で、なぜこのコスを着てるかというと、先生たちの出し物の衣装と間違えて届けられたみたい。着てみる前に明らかに変だと気付かなかったのかな?
事情を話して衣装を返してもらおうとしますが、例によって問題発生。
boku180604-2.jpg
脱ごうにもファスナーを下ろすとミシミシして、このままだとバラバラになるのは必至! ってか、着るときは問題なかったの? さぁ困った。衣装が返却できないと水泳部に迷惑がかかってしまうと、先生は申し訳なさそう。
boku180604-3.jpg
唯我は先生の文化祭の思い出を訊いてみたら、フィギュアスケートを第一にしていたので参加したことがないとのこと。これを不遇に思ったのでしょう、先生と水泳部の両方に思い出の残る方法を考え付いたようだ。
boku180604-4.jpg
舞台袖までやって来た緒方さんは休憩がてら水泳部の出し物を見て驚愕。そこにはいったい何が!?
ぼくたちは勉強ができない 6 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 6 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
ぼくたちは勉強ができない 7 (ジャンプコミックス) 7月4日発売
スポンサーサイト