fuuto180605.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の27話
アルコール・ドーパントの正体である おばばは屋敷に火を放ち、自ら命を絶つことで責任を取った…  一方、アクセルはアクセルトライアルとなってスクリーム・ドーパントと対決。スピード重視のフォームになったのにスクリームも負けじと高速で対応。さすが幹部というところか。

そこに現れた巨大なブラキオサウルス・ドーパント。更にスクリームとオーロラ・ドーパントも合流して裏組織「街」の幹部三人が勢揃いしました。
fuuto180605-.jpg
エクストリームは おばばにガイアメモリを渡したのはコイツらだなと察知。またオーロラはライダーとの初対面を軽い会話だけに済ませて去っていく。また会う機会があるだろうという含みを残して。その際、置き土産にマスカレイド・ドーパントもどきを大量に残して足止めに使ったのは常套手段ですな。

この後、屋敷が燃えてしまったので鳴海探偵事務所に場所を移して事の顛末を語ります。
fuuto180605-1.jpg
・オーロラは口調からして古美術店の金森と名乗っていた人物に違いない(名前は万灯雪侍)
・雪の中 フィリップの携帯が通じたのは、通信の増幅中継機をファングに付けて村のはずれに出てもらったから
・オーロラと おばばは互いのメリットが一致したので協力関係になった

またアルコールのメモリを使って花嫁同士が殺し合いになった経緯はこうだ。
fuuto180605-2.jpg
先ずは四人の花嫁候補を眠らせて、その間に おばばはアルコールのメモリのスロット処置を施した。これによりメモリを使えるようになったけれど、それだけでは殺し合いにはならない。でも おばばはハイドープと言われる特殊な能力を持っており、メモリを手にすることで「邪魔者は消せ」という邪念が発動するようになっていたのでは? という推測です。

結局一文にもならなかった今回の一件。けれど空也は働いて探偵料を払うと告げる。それが おばばの一番の供養になると信じて。
と、この話は収束です。次回は3週間後。巻頭カラーで新章開始&アノ俳優さんの記事もあるそうだ。誰それ?

それと関西の特撮ファンならこのイベントは見逃せないね。ゲストにオーズとアンクです。
風都探偵(3): ビッグ コミックス (ビッグコミックス) 6月29日発売
スポンサーサイト