gedou180607.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第20話
沖縄の写真を見て誰かと行ってたと疑ってる平松。例えそうであれ、結婚前のことなのだから行くのは自由だろう。それに寂しそうな顔だったのは幸福じゃなかったから。でも今は伸二さんが幸福をもたらしてくれた。それなのに疑うなんて…美奈子さんは泣き崩れる。

平松は「ブラック・エンジェルズ」2話のネームに没頭。夜になっても呼びに来ないことに腹を立てて自宅に戻ると誰もいない。まさか家出? 実家に戻ったのか? と思い電話しようとするも、さすがにバツが悪くてできません。結局その日に美奈子さんは帰ってきませんでした。
gedou180607-.jpg
翌日、さすがに心配で実家に電話するも来てないとのこと。叱られたのは当然ですがね。いったい何処に行ってしまったのかわからないまま二日目の夜を迎えます。この夜は元担当で副編集長の権藤が、格式ある店で すき焼きをご馳走してくれました。本当なら美奈子さんと一緒に来るハズでしたが「急用ができた」とウソをつきます。

権藤は「ブラック・エンジェルズ」1話を読んで ひょっとして化けるぞと好印象を持ったようだ。それをただのヒットにするか、二塁打か三塁打かホームランにするかは自分の努力・精進次第だと檄を飛ばす。
gedou180607-1.jpg
そして「ホームランを打たねえ漫画家は 漫画家として認めねえ!!!」とまで言い放った。これが平松の琴線に触れる! どんなに努力したところでホームラン級の大ヒット作がそう簡単に描けるものか! それが美奈子さんの家出による感情で何倍にも増幅されて血が逆流。
gedou180607-2.jpg
権藤とはデビュー前からの付き合いで、今まで様々な叱咤激励・罵詈雑言を浴びせられてきたけれど、とうとう我慢できずテーブル返しをやっちゃいました。店としては堪らんね! 恐らく数万は弁償しなきゃダメでしょうよ。この先のことを考えてないのは目に見えており、いったいどう決着つけるつもりなんだろうか。
スポンサーサイト