boku180618.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問67
前回は桐須先生がフルピュアの衣装を間違えて着ちゃったけど、今回は唯我。先生が本来 着るべきだったニャンポレオンZの着ぐるみを唯我が着てしまったことから、佐藤先生と鈴木先生から追われるハメに。それを救ったのは軽音部OGとしてギターを弾きに来ていた あしゅみぃ先輩でした。
手が小さいだろうのにギターを弾くって けっこう大変じゃないですか? コードが押さえられないとかあるかもしれないけど、先輩のことだからきっと上手くやってるんでしょう。
boku180618-.jpg
見つからないよう、抜け道として使っていたらしいダクトを使って体育館まで行こうとします。その際、先輩のお尻とか脇の下とか、間近で見られた唯我は幸せ者だよなぁ。高校では2年間、出会う機会がありながら会えませんでした。もし出会えていれば…少なからず感情に変化があったかもしれませんね?

その頃、ステージでやってる演劇「眠り姫」は混乱を招いていた。王子役の唯我が来ないので進めようにも進めようがないのだ。シビレを切らした校長先生は、とんでもないことを口にします。
boku180618-1.jpg
即興演劇とするので、王子になりたい人は名乗り出ろ!
これには観客はもちろん 眠り姫役の古橋さんだってそりゃ驚くさ! 人気者の古橋さんとキスできるチャンスとあって、男たちが目の色を変えてワンサと押し寄せたのは当然の成り行きというもの。けれど立ちはだかる三人が登場!
boku180618-2.jpg
いばらの会の猪鹿蝶は格闘技系の部員だったのか!!
まぁそれでこそファンクラブ代表を務めてるんでしょうけど、見る目が変わるね。特に今まで特に目立ってなかった蝶野さんには今後の活躍に期待します。
こうして始まった大乱闘。もはや眠り姫とはかけ離れたアクションが、ステージ上で繰り広げられてる状況です。そのためセットの描き割りが破壊されて古橋さんの頭上に落下! それを救ったのはようやく到着した唯我のニャンポレオンZでした。
boku180618-3.jpg
古橋さんはこの状態を鎮めるべくニャンポレオンにキス! むしろ着ぐるみだったからラッキーという状況でしょう。でもまだ波乱がありそうな気がしてならないのですが…さて?
スポンサーサイト