noumin180705.jpg
電子コミック各社掲載、「農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。」の1巻です。
御多分に漏れず「小説家になろう」連載小説のコミカライズ。書籍化したものは現在4巻まで出てます。

アルは暇さえあれば農作物の手入れに勤しむなど、根っからの畑好き。力仕事に慣れているせいか、時おり頼まれる魔物退治も鮮やかにやってしまう腕前です。
そんなアルが農作物関連のレベルをオール10にすることに成功。そしたらスキルが『自然を愛する者』という究極補正に変化しましたよ?
noumin180705-.jpg
数値の上り方が半端ねえ!
HPが約113倍  MPが約286倍  攻撃力が約1022倍  防御力が約976倍 etc…
このようにとんでもなく強くなってしまいました。だからドアノブを握り壊してしまうなんてまだ序の口。
noumin180705-1.jpg
Sランクのドラゴンなんてニンジンを投げただけで貫通し絶命させてしまいます! このように圧倒的な強さを身に付けたけれど、僕は農民だからと全く自慢する気などありませーん。
でも周囲がほっとかない、というか こういう時に限って災厄が向こうからやって来るというもの。作物を売りに都へ行ったら誘拐事件に遭遇し、犯人などアッという間に片付けた。誘拐されかかったのは第一王女のファル。誘拐魔のステータスは高かったのにどうして倒せたの? ということでステータスの平均値を訊いてみたら…
noumin180705-2.jpg
一般人は60 冒険者は130 騎士は150 騎士隊長は600 伝説の勇者は1000 と言われている
だったら伝説の勇者の数十倍以上あるオレはいったい…
正直に見せたら何をされるかわからないので、絶対に見せないと誓うアルだったとさ!

ドラゴンの出現に王女の誘拐…これは平和協定を結んだ魔族の裏切りでは? と セイシル執務官は推測。首謀者は旧魔王軍のロミオだろうとのこと。その通りのようで魔物が大挙襲来し、王様と王女は裏口から退避するのですが…実はセイシル執務官こそロミオ本人でした!
noumin180705-3.jpg
王様をただ殺すだけではない、人知れず王様に成り変わってこの国を手中に収めるために債務官に成りすましていたのだ。
そこに現れたアル。もちろん強いので倒せません。そこで本性を発揮! HP6500に攻撃力835、防御力は792もあります。
 さっきまでは余興だクソガキ これが俺の本来の姿
 俺を本気にさせたこと あの世で後悔しろ

と、さんざん罵ります。 あのー、アルってそのお前より遥かに上なんだけど?
ロミオが自慢するのはいいけど読者はアルの方が強い(数値が高い)のを知ってるので、何か言う度に痛さを感じてしまいますよ。そして案の定、ワンパンで死亡確認(王大人っぽく)! その道化ぶりには哀れみさえ感じずにいられません。
ちなみに大将がワンパンでお亡くなりになったので、魔族は一瞬にして雲散霧消。アルには近づかない方がいいと瞬時に思ったみたいですね。

このように図らずも国を救ったアル。ならばこの「俺強えぇぇ!」状態は今後も続くのかと思ったら違いました。上には上がいたのです。
noumin180705-4.jpg
邪神ウロボロスは全てにおいてアルより上。こんなやつと戦うことになります。しかもギルドの受付嬢・ヘレンと浅からぬ関係があり、大変なことになってしまいますよ!?
農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。(1) (モンスターコミックス)
農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。(1)
農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。 : 1 Kindle版
スポンサーサイト