fuuto180731.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の32話
エクストリームになる前に試してみたいことがあると、フィリップはファングジョーカーに変身。トビラ絵には「牙がうなるぞ 歯には歯を!!」と、アマゾンの主題歌の一部があるけれど惜しい! 正確には「牙がひかるぞ 歯には歯を」です。
Wの中で俊敏性が一番のファングだけに?今までと違ってパズル・ドーパントを圧倒。初めて見せるフェンシングの腕でもファングは避けてみせました。
fuuto180731-.jpg
ショルダーファングで一撃を入れることに成功し「K・K」のボックスを回収。以後、いいところの無いパズルは「なめんなあ!」と言うのがやっと。目くらましで逃げやがんの。
fuuto180731-1.jpg
その際、「街」の幹部にもらったのだろう、「裏風都」に通じる穴を作るカードで退散。ここでも捨てゼリフを吐いてから消えるなど、前回とは一転して負け犬っぷりが目立ちました。何だ、全然弱いじゃん。それだけファングが強かったってことかな? いえ、それには秘密がありました…

事務所に戻ればイレギュラーズのメンバーが被害者たちを捜し出してくれてました。案の定、パンチ力の強かった「H・A」は元プロボクサーの浅野弘、先ほど戦った「K・K」は元フェンシング選手の近藤恭二。ボックスは腕のスキルをコピーすると同時に、コビー元を封印する能力を持っており、ドーパントを倒せば封印が解けて元に戻るらしい。それを聞いて被害者たちは安心したようだ。
fuuto180731-2.jpg
さて、ここからが本題。フィリップは犯人に目星を付けているようで、とある人物の写真を見せて会ったことがあるか訊いてみたら翔太郎も含めて全員が手を上げた。もう間違いない。これで決まりだ!

犯人は身体に触れただけで腕のスキルを把握できる、ハイドープとしての特殊能力を持っていた。こうやって各人に接触していったわけだ。翔太郎は身体の癖を見抜き、攻撃をあらかじめ予見できたから先回りしての攻撃をしていたと。
fuuto180731-3.jpg
犯人は整体師のポール東城!
バレたものだから顔面が引きつってやがんの。これによって事件は一気に解決する…のかなぁ。
さて、ビルドの放送もあと4回。そのうち一つは映画宣伝回になると思うので、実質3回かな。
スポンサーサイト