gedou180801.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第24話
外道マンが出現中に帰ってきた美奈子さん。でも美奈子さんには見えもしないし声も聞けない。外道マンとは平松のダークサイドの分身であり、あくまで平松の妄想なのだから。
gedou180801-.jpg
けれどそれは思っても口には出せない言葉を出してしまうということ。平松は死んだ恋人の代用品だとか、財産目的で結婚したんじゃないのかなど、平松を苦しめる。何が起きているのかわからない美奈子さんは心配することしか出来ません。その後も外道マンの罵詈雑言は続いて平松の精神はズタズタ。こうなったら頼れるのは美奈子さんしか居ません!
gedou180801-1.jpg
愛してると抱きしめてそのまま情事へ。まぁ美奈子さんが本当に俺を愛してくれているのかを確かめる、最も手っ取り早い方法ですから。と、時は現代へ。夫婦の営みをしている原稿を読んだ担当の金は何気に話を振ります。あと5回で連載終了することを。
gedou180801-2.jpg
はい、前号が出た際に平松先生がツイッターで あと5回で連載終了することを発表してました。遂に来るべきものが来てしまいましたね。読者としては編集者のこと、アシスタントのこと、ストーリーの裏側などを知りたいのであって、美奈子さんがどーだこーだなんてあまり興味ありません。何しろ美奈子さん自身がフィクションの存在ですから、そこに力を入れられても…ね。
gedou180801-3.jpg
1月に名古屋であった「平松伸二先生 トーク&サイン会」に行った際、今まで打ち切られて一番残念だったのは「どす恋ジゴロ」と語られてました。でも多くの人に協力してもらい、恥ずかしいプライベートな面もさらけ出した当作が、今まで一番悔しいとのこと。当作は初め『漫画ゴラク』に企画を持ち込んだところ、原稿料で折り合いがつかず 物別れに。その後『グラントジャンプ』で採用されて今に至ります。もし原稿料が安くてもいいというなら『漫画ゴラク』に戻るのもアリですよ!?
ともかくあと3回でどこまで描けるものなのか注目します。
スポンサーサイト