shin180809.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第42話
死んだハズの婚約者・サッコが生きていた!? いや、これはプーチャンが仕組んだ工作員。コードネームはロシア語て「カメレゲーネフ」、英語だと「カメレオン」。あらゆる人物に完璧に変装するのが特技で、正体や性別はプーチャンも知らないという。
偽サッコは記憶喪失になって(るフリをして)おり、江田島のことはもちろん知らない。必ず記憶を取り戻してみせると、江田島は その手の分野では最高と評判の病院へ連れて行った。
shin180809-.jpg
そこの先生いわく、わが国での治療は不可能。ただしソ連ならば研究が進んでおり、ノーベル賞候補の医師も居るんだとか。実はこれ、工作員のカメレオンが変装したもの。こうやってソ連に行かせようと企んでるわけね。
shin180809-1.jpg
このまま計画通りに運んでしまうのか!? いや、江田島は知ってか知らずか、「〇〇を忘れたー」と 何かと先生に訊きに行っては戻るの繰り返し。その度に5階まで昇って変装しては戻るを繰り返さねばならないカメレオンは大変だね。
shin180809-2.jpg
そしてとうとう正体バレ。どうやら江田島はニセモノであることを最初から知っており、嘘でもいいので一緒に居たかったから あえてつき合っていたようです。ならばソ連行きは無しか? いえ、江田島は死んだサッコを計画に利用したプーチャンが許せないらしい。
shin180809-3.jpg
そこで自らソ連に行くと言い出します! きっとプーチャンとサシで勝負してみたいんだろうな。
スポンサーサイト