gedou180816.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第25話
美奈子さんの家出、外道マンの出現などのトラブルに見舞われながらも1981年46号のジャンプから「ブラック・エンジェルズ」の連載がスタート。発売時には3話目を描き終えるところだったという。そこに外道マンが出現。これは平松の内なる感情の化身のためアシスタントに見えるハズもなく、独り言をつぶやく姿にアシスタント一同は気味悪がっていたみたい。
gedou180816-.jpg
平松は更に自分の頬を「うるせえ! うるせえ!」と引っぱたくので「遂におかしくなった!?」と、アシスタントたちの感情はいかほどだったことだろう。このコマにて
もう読者は気づいていると思うが…伸二は完璧 M体質だ!!
と言われたところで知らねーよ! むしろ知ってた人 居るの?

第3話を描き終えて担当の真髄から、ブラック1話に関して警視庁からクレームが入ったことが告げられる。
gedou180816-1.jpg
1話では悪徳刑事が前科のある人間を追い詰めて再び犯罪を犯すように仕向けさせ、最後は撃ち殺すという内容。こんなこと本物の刑事がするわけがないという、当然なクレームだったとのこと。「ドーベルマン刑事」だってクレームいっぱい来てたらしいし、「クレームが来てこその平伸マンガ」だと真髄は全然気にしません。
けれど元来は小心者(らしい)だという平松は ちょっとビビっていたみたい。でもどうやって調べたのか、警察と名乗る者が直接電話をかけてきて「金の為なら何でも描いちゃう節操のない」「国家権力が黙ってねえから」などとクドクド言うものだからブチ切れるのは当たり前!
gedou180816-2.jpg
あれは本当に警察関係者からだったのか、それとも偽ったイタズラだったのかは藪の中。でもこれだけは言えるだろう。正々堂々と名乗らずにクレームを入れてる時点で「お前が小心者だ」ってことです。
gedou180816-3.jpg
とはいえ罪悪感はあったようで何度も見た夢というのが、自分が殺人犯となって逃亡した後に逮捕されるというもの。これをブラックの連載中に何度も経験したというのだから、ある意味 職業病だね。こりゃ。
連載終了まであと2回! それと8月17日に難波で平松先生のトークショーがあるので行ける人は行ってみてください。

スポンサーサイト