live180909.jpg
『ドラドラドラゴンエイジ』連載、「ライブダンジョン!」の1巻です。
毎度お馴染み、「小説家になろう」の連載作をコミカライズ。書籍は3巻まで出てます。
ツトムはネットゲーム「ライブダンジョン!」のやり込みゲーマー。このゲームは盾役に2人・アタッカー役に2人・ヒーラー1人の計5人でこなすのが基本となってます。ヒーラー役のツトムは引く手あまただったけれど、プロデューサーの交代で課金制度がヒドくなり衰退。サービス終了が告げられました。

終了前に持ちキャラ5人全員のレベルをカンスト(カウンターストップ)したツトムは、一人で5人を操っての完全制覇に挑みます。苦労したけど最終100階層のラスボスを倒し感無量。そこに現れたのはNPC? 拍手してくれてます。
live180909-.jpg
「単独でのダンジョン制覇おめでとう」という言葉と共に「神からの誘い」なるものを受け取りました。もしかして運営の人が見ていたの? 粋な計らいをしてくれるものだなと思っていたら、ゲームの中に入っちゃった!(正確には似た世界です)
ヒーラーの白魔導士として転生したはいいけれど いきなり100階層のラスボスに殺され、「神の恩賜」により黒門で復活。その際、ギルド職員のガルムや 鑑定士のエイミーと知り合います。

ガルムこの世界のことを訊いてみたら意外なことを知らされる。
live180909-1.jpg
この世界では盾役は存在せず(というか 概念がない)、アタッカーが4人にヒーラー1人という分担。よって白魔導士は狙われて殺されることが当たり前だというのだ。ええー? そんなんじゃ全階層の攻略は無理でしょ? 実際に60階層が最高で、それ以上は未攻略だという。そんなんじゃ自分がここに来た理由がわかるかもしれない100階層のラスボスと会うなんて絶対無理! 何より使い捨て同然な白魔導士の権限・立場を向上させたいとツトムは切に願うようになっていった。
live180909-2.jpg
そこでツトムはガルムとエイミーの三人でパーティーを組み、ガルムに盾役を、エイミーにアタッカー役を頼んで実戦へ。当初は戸惑う二人(特に盾役のガルム)でしたが、ツトムの適格な支援魔法と回復魔法により一回も死ぬことなく40階層まで到達できてしまいます。
live180909-4.jpg
これに驚きを禁じ得ないガルムとエイミー。3人パーテイーで一度も死ぬことなくここまで来れるなんて信じられない! しかもツトムは自分たちより随分レベルが低いのに、アタッカーの私(エイミー)よりもモンスターを倒すなんて驚くよりも腹が立つんだけど!
そりゃツトムは単独で完全制覇を成し遂げただけに、各層での攻撃が何なのか知ってますからね。この様にヒーラーとして培った知識と経験で、100階層を目指す3人の活躍を期待しよう。
ライブダンジョン! 1 (ドラゴンコミックスエイジ)
ライブダンジョン! 1 (ドラゴンコミックスエイジ)
ライブダンジョン! 1 (ドラゴンコミックスエイジ)Kindle版
スポンサーサイト