shin181014.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第46話
勝負が拮抗したことでブレジネフ書記長は江田島の狙撃を敢行。だがそれを知ったプーチャンは 不正は許さんと江田島を庇い、左肩に銃弾を受けてしまう。それでもなお試合を続行しようとするプーチャンに感動してしまいますよ。ベタと言えばベタですが、このようなキャラの登場は気持ちがイイね!

今度は強制的に江田島を逮捕すべく兵士は銃を向けた。
shin181014-.jpg
その銃を奪った江田島は、自ら右肩を撃ち抜いた! これで五分と五分、ハンデ無しで決着つけようとする意気込みです。かくしてレーニン像を前にして二人の死闘は続く。激戦のあまり互いに傷口から骨が露出しようがお構いなし。意地と意地、プライドとプライドがぶつかり合う この戦いを誰が止めることが出来よう!

互いの投げ技によって二人は宙を舞い レーニン像に激突! もう二人とも息が絶え絶えで体力は限界だ。そこに思いもしない出来事が発生した。
shin181014-2.jpg
激突の衝撃でレーニン像の手首が落ちてVサインとなった。偶然にしては出来過ぎだろう。けれどこれは二人の戦いの結果であって、レーニンがそれを希望したと言えるのでないだろうか?
shin181014-3.jpg
二人とも引き分けを認め、勝負は次回に持ち越しとして幕を下ろします。この清々しさは戦った者同士だからこそ分かり合えるものだろうね!
次回から新章突入。現在 昭和45年ぐらいだろうから、その辺りの時事ネタかな?
男塾外伝 伊達臣人(6): ニチブン・コミックス 10月29日発売
スポンサーサイト