boku181022.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問84
学校で持ち物検査をして携帯ゲーム機などを没収した桐須先生。その中には いま人気らしい「彼は教え子につき」という漫画もありました。これはイケメン男子生徒に女性教師がドキドキしてしまうという内容で、そんなわけあるかーっと思ってるのが上の画像の先生。でも くだらないと思いながらも読んでしまうことから、内心では少なからず気に入ったみたいですよ?

そこへ唯我がやって来た。例によってゴミ屋敷と化した部屋を片付けるわけですが、不用意に置いてあった大根おろし器を踏んづけてしまい唯我は出血。そもそも料理をしそうもない先生が なぜコレを持っていたのか不思議ですが、ともかく唯我の足の裏を先生は治療します。
boku181022-.jpg
そこで先生は漫画を思い出した。この状況はそっくりだと! でも唯我の痛がる暴れっぷりを見て、漫画と現実は違うのだと実感。って、あえて痛がらせるなんてヒドくね?(笑)

以後、漫画の状況と同じようになるも、実際には漫画の様にいかないことの連続。唯我が悲惨になることが続きます。けれどここにきて唯我が壁ドンしてきたよ!?
boku181022-2.jpg
まさか漫画の再現を? 上目づかいで赤くなる先生はカワイイなぁ。「私とあなたは教師と生徒!!」「でも…っ」と言ったところで、実は壁にGがいたので目をつぶらせて退治しただけでした。「でも…っ」の後にいったい何を言いたかったのかな??

こんなもの読むんじゃなかったと後悔する先生。ですが最後になって漫画そっくりなことが起きました。
boku181022-3.jpg
だったら先生は「先生の部屋が一番落ち着く」と言われてとう思ったのだろう。そこまで答えなきゃ「一番近かった」とは言わないよ。
スポンサーサイト