dennou181031.jpg
『デンプレコミック』連載、「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」の2巻です。
先週発売したものです。雑誌レビューを優先にしてたら遅くなっちゃいました。結局 ゲームのコレはあまりヒットしたとは言えない結果でしたね。やはり楽しむには専用スティックが欲しいところでしょうか。タニタが出したけど高い印象はぬぐえません。

学園都市ではバーチャロンが大流行。けれど"亡命"と呼ばれる、安全用のレギュレーションを切ったプレイヤーが続出。通常以上の機動力を得られるため、ゲームにおいて非常に有利になれるからだ。中でも青いサイファーを駆る、ブルーストーカーと呼ばれる者は特にヤバイとされてます。
そのブルーストーカーを巡って当麻が動き、そして新たに一方通行までも参戦してきた!

冒頭部分はその一方通行の話。打ち止めがバーチャロンをやり始めたことから一方通行も興味本位でやってみた。そこに亡命が乱入してきたことから、遊びが本気になっちゃいました。当初こそ亡命の思うがままにされてしまうも、一方通行も躊躇なく亡命してしまう。
dennou181031-.jpg
本当の狩りってヤツを教えてやンよと、後はワンサイドゲームになったことは語るまでもありません。勝利後、このゲームの発起人がブルーストーカだと知らされたことで、一方通行は独自にその正体を調べていく…

また当麻もブルーストーカーと戦うため、とりあえずNPC機で腕を磨こうと戦っていた。そこに乱入者が! まさか亡命したヤツか!?
dennou181031-1.jpg
はい、確かにそうです。でもそれはNPCを狩ってスコアを稼ぐ狩人を狩るという「狩人狩り」となった美琴でした! 「私の友達を踏み台にして遊ぶというなら…アンタがぶっ壊れるまで削り倒すわよ」と、わけのわからないことを言って去っていきます。いったい何だったんだ? と破壊されたNPC機を見れば、血に染まった女学生が乗っているではないか。
dennou181031-2.jpg
ここから導き出された結論は、亡命した者はペナルティとして負けが続くと やがてNPCとなってしまうことだった。美琴はそうなった者を救うべく、自分なりに考えた やり方で戦っていたわけです。でもそれは非常に効率が悪く、助けられる数よりNPC化してしまう数の方が遥かに多い。それでも悩み抜いた上てこの選択しかなったのだろう…

全てにおいてブルーストーカーが鍵を握ってるのは間違いない。ならば美琴を救って仲間にしようと、当麻は再度 美琴と戦う決意を固める。戦いの中、何度も説得するも美琴は耳を傾けない。「そこに一筋の光があるなら すがるしかないでしょうよ!」と退かないつもりだ。
dennou181031-3.jpg
そこでもって当麻が心に響くセリフを投げかけてきたものだから、負けを認めることになるのは至極当然な成り行きだね。顔を赤らめながら当麻と会話する美琴。ですが巻末から10ページ目に とんでもないことになってしまうとは!! この衝撃は計り知れません!
とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン とある魔術の電脳戦機(2) (電撃コミックスNEXT)
とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン とある魔術の電脳戦機(2) (電撃コミックスNEXT)
とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン とある魔術の電脳戦機(2) (電撃コミックスNEXT)Kindle版
スポンサーサイト