shin190117.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第52話
ママをゲバラに殺されたピラニアガニの子供たちは、ママのハサミを集団で持ち上げて弔い合戦を挑む! 普通に戦えばやはりゲバラが勝つだろう。ママのときみたいにダイナマイトでドカンとやってしまえばいいのだから。
ところが甘んじて攻撃を受けるゲバラ。俺のオフクロも政府軍に殺された、気持ちはよく分かる。好きにするがいいと。えーと、だったら最初から殺さなきゃよかったんじゃねーの? そもそも江田島は無駄な殺生はしたくないからと一本背負いで海に投げました。それをゲバラは爆死させちゃったわけで、そんなことするから自分にツケが回ってきたんだってば!

死を覚悟したゲバラに子ガニたちの攻撃がピタリと止まる。そして海に還っていきました。親を殺された恨みはあるものの、殺してしまっては同じになってしまうと判断したのでしょう。カニにしては浪花節だよ人生は。
再び江田島との戦いになると思いきや米国のヘリコプターが降りてきて、現れたのはJ.F.ケネディ大統領。
shin190117-.jpg
挨拶そこそこにソ連の核ミサイルの引き渡しを要求します。が、やはり江田島。大統領だろうと信念を曲げずに拒否します。やはり「天下無双 江田島平八伝」において核爆弾に散ったサッコとの誓いが関係してるのだろうね。

ところが思いもしない事態が。殺戮将軍・イワンが隠しておいた核ミサイルを発見して迫ってきたのだ。ここで爆発させれば大統領も殺せるわけで、俺は英雄だーと死ぬ気 満々。江田島はそうはさせじと地雷を投げつけてイワンをミサイルから遠ざけた。そこを奪ってしまう江田島です。
shin190117-2.jpg
けれど時限装置が働いていて止めることは不可能。残り時間はあと僅か、大統領が死ぬのは確実だーっと勝利を確信するイワン。いったいどうすれば!? 決まっている! 江田島は核ミサイルにまたがり、一人でカリブ海の遠洋に向かって針路をとった。

わしが男塾塾長 江田島平八である────っ!!

shin190117-3.jpg
そして大爆発! カリブ海の露と消えた江田島。生死はいったい!? というところでしばらく休載になっちゃいました。あの、ホントに休載なんですよね? 打ち切りじゃないですよね!? まぁ今回表紙なんだからさすがに打ち切りじゃないと思うけれど、しばらく休む理由が知りたいです。
スポンサーサイト